コラム

 公開日: 2016-09-09  最終更新日: 2016-10-26

【ロック(岩石)好き集まれ!】「Stone(石)」がつくタイトルのロックンロールを集めてみた。

ハロー、エブリバディ!
今日もこのコラムをのぞいてくれてサンキュー!
ロックバンド風に挨拶をキメさせていただきました、富山の墓石店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子でございます。

なんかパッとしない気分のときってありますよね。そんなとき気分転換に音楽を聴いたり、歌を歌ったりすると気持ちが晴れてきた経験は誰しもあると思います。

カラオケにいくのも良いんですが、今日は皆さんに、ロック(岩石)から生まれたストーン(石)がタイトルについた曲をご紹介して、ロックの熱いビートを感じていただこうと思います。

ジミ・ヘンドリックス 「STON FREE ストーンフリー」


(youtubeより)
まずはジミヘンの「STON FREE ストーンフリー」です。
1966年12月に、名曲「Hey Joe」のB面としてリリースされました。

サビの部分で、「STON FREE」と歌っていますが、これは「石、無料!!」と叫んでるわけではありません(笑)
この歌詞では「自由になるんだ」と歌っていて、束縛やしがらみを「不動の石」と表現しているようです。

ジミのトリビュートアルバムではこの曲をエリック・クラプトンが歌っています。
荒削りな音楽だけれど、詩とともに心に残る一曲でもありますね。
(このアルバム、どこやったっけ…><)

クイーン 「STONE COLD CRAZY ストーン・コールド・クレイジー」

「伝説のチャンピオン」や「ボヘミアンラプソディ」など数多くの名曲を生み出したクイーン。

(youtubeより)

ここでの「ストーン」は、石の床を指しています。
「石の床冷たい!きちがい沙汰だ」
と石に文句をつけている模様です。
でもその気持ち、わかりすぎるほど分かる!寒い冬に石を磨く石屋さんの心の叫びを代弁してくれている歌詞になってます。

マディ・ウォーターズ 「Rolling Stone ローリングストーン」

1950年、まだロックがロックになる前の時代にシカゴ・ブルースの父こと、マディ・ウォーターズのこの曲は、あの「ローリングストーンズ」のバンド名の由来にもなりました。

(youtubeより)

「次に生まれてくる男の子はね、転がる石よ(ローリングストーン)」ってな具合で、ママがパパに話したという歌詞ですが、そうして生まれたかもしれない男の子たちが、将来「ローリングストーンズ」になって、ロックンロールを全世界に広めていきます。

そのローリングストーンズとマディが念願かなって共演したのがこちらです。


1分40秒あたりからストーンズのメンバーがライブ会場に入り、5分28秒あたりでマディにミックが呼ばれ、その後ギターのキース、ロニーがが呼ばれてステージに上がります。
タバコを加えてステージに上るキース・リチャーズとロン・ウッドの姿があまりにもカッコ良く、しばしキーボードを打つ手が止まりました…。

ローリング・ストーンズ 「ダンシング・ウィズ・ミスターD」

さて、それではストーンズの曲から、ストーン(石)は出てこないのですが、「ダンシング・ウィズ・ミスターD」をご紹介します。
この歌は「墓地」が舞台となっていて、そこでMr.Dと踊るという内容の歌です。
Mr.Dというと私たちはミスタードーナツを想像してしまいますが、このDは「悪魔」を表しているという考え方が一般的ですね。

このPVをマジメに見入っていると、途中からおかしくなって笑いが止まらなくなりませんか?
ミック・ジャガーの金ぴかの衣装のせいなんですが、なぜ真ん中がパックリ開いているんだろう!?
ミックが、どこかで破れてしまったとしか思えない衣装を着て、まるで悪魔に取り憑かれたように踊るプロモがこちらです。



スタイリスティックス 「I'm Stone in Love With You アイムストーンインラブウィズユー」

最後にロックではないんですが、「ストーン」が使われているバラードをご紹介します。
「愛こそすべて」のスタイリスティックスの曲「I'm Stone in Love With You アイムストーンインラブウィズユー」です。



この歌詞での 「Stone ストーン」は、「すごく」「とっても」という意味で使われています。

比較的、今までの「Stone ストーン」があまり良い意味で使われていない気がしたので、こちらで後味良く締めたいと思います^^

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

思ったとおりのお墓に出来上がりとても満足しています。

お墓の価格・デザイン・石の種類等、全て分からず、一生に一...

砂原
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【ついに最終回!】墓石業界用語集「や」~「ん」
イメージ

今年の我が家は卒園・卒業式に出ることなく、静かな3月を過ごしています。卒業というと、別れや涙を連想しま...

[ 墓石業界用語辞書 ]

美とは?祈りとは?法隆寺・釈迦三尊像のクローンが伝える人間の飽くなき「美」への探究
イメージ

高岡市・南砺市と東京藝術大学が、奈良法隆寺の門外不出の国宝「釈迦三尊像」を、現代のテクノロジーである3Dプリ...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人
イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。...

[ 物語に現れる「墓」「祈り」「石」 ]

【NASAの大発見より】生命あるところに「石」あり!
イメージ

あなたは宇宙人はいると思いますか?あなたの身近にいる宇宙人のような日本人ではなく、れっきとした宇宙人の...

[ 石についてのエトセトラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ