コラム

 公開日: 2016-09-20  最終更新日: 2016-11-08

「超高速!参勤交代」のもう一つの主役は「家紋」だった!?

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

2014年に公開された大ヒット映画「超高速!参勤交代」が先日BSテレビで放映されましたが、劇場でも観たにもかかわらず楽しめたので、調子にのって続編の「超高速!参勤交代・リターンズ」も観てきました!

超高速!参勤交代リターンズ FB公式サイトより

時代劇をコメディータッチで描いたこの映画、ストーリーもめちゃくちゃ面白いのですが、たまたまこないだ家紋についてのコラムを書いたこともあり、「家紋」がわかるとさらに楽しめるかもしれないと気づき、この映画に出てくる「家紋いろいろ」をご紹介しようと思います。

ただしネタバレ(とくに2014年度版について)注意ですぞ!

福島いわき・湯長谷藩の家紋「下がり藤」


下がり藤

主人公の湯長谷藩の藩主・内藤氏の家紋は「下がり藤」です。
大名行列のときには、衣服の袴だけでなく、風呂敷や籠などの荷物一式に紋が描いてあり、各宿駅にいる宿役人たちはこの紋を見て「あ~、下がり藤の紋所、湯長谷藩か」とチェックしています。

宿駅を通過するこの大名行列を用意するのはお金がかかるので、湯長谷藩ような小藩にとっては財政的にも大変厳しいものなのですが、パート1ではお金が足りずに途中から頼んでいた人夫に逃げ帰られてしまいます。

途方に暮れていたときに、たまたまそこを通ったのが本家の行列。
そして窮状を理解した本家の殿様が、自身の大名行列を使わせてくれ、何とか次の宿駅で面目を保つシーンが出てきますが、本家も同じく「下がり藤」の家紋のため、宿役人にも疑われることなく、
「何やら、こう気合いがみなぎっておるなぁ」と感心され無事に通過するのでした。

大名行列・紋所がそろわない!どうしよう…。

さて何とか無謀な日程での参勤を無事に終えた湯長谷藩ですが、まだ「交代」が終わっていなかった!?と、その復路が描かれているのが続編のリターンズです。

参勤よりさらにお金が無く、だけども交代を無事に終えないといけない彼ら。中古の家財道具を何とか集めるも、家紋はバラバラ…。

超高速!参勤交代リターンズ WEB予告 Youtobeより

「丸に花菱」、「五三桐」、「丸に違い鷹の羽」、他にも「九曜紋」など、江戸時代の大名家の家紋が勢ぞろいです(笑)

こういった難局を乗り越えるときにいつもみんなから指名されるのが、湯長谷藩のご家老・相馬役の西村雅彦さん。
部下からは「ご家老、お知恵を!」
殿からは「今こそお前の兵法を見せるとき!何とかせよ」とお約束のように無茶ぶりされるご家老ですが、天晴!
今回もこのバラバラの家紋を何とか「統一」させ、見事に難局を乗り越えますが、どのような知恵が生まれたかはぜひ劇場でご確認ください^^

葵の紋と江戸時代

この映画の時代設定は、8代将軍・徳川吉宗の時代です。
パート1の深田恭子さん演じる遊女(後に藩主・内藤の側室になる)が江戸城に入ったシーン。
相手が老中・松平だと知らずに「同じ人間なのにイバりくさって」と盾突くシーンでは、その紋付が目に入った瞬間に倒れそうになってしまいますが、「葵のご紋」は徳川家、また松平家にしか許されず(同じ葵でも家や将軍でわざと微妙に違わせてある)、勝手に使おうものなら処刑されるという時代です。

それくらいに将軍家の力が絶対的だったこの徳川の江戸時代を舞台に作られたこの映画ですが、さすが時代劇とはいえ、家紋がかなり重要な役割をになっている映画の一つといえそうです。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

実は「色彩」を持つお墓と埋葬。社会が「グラデーション化」するワケ
イメージ

先日ご依頼があり、お墓のプチ講座を自店で開催いたしました。そのご依頼をいただいたのは、富山で活躍されてい...

[ 終活 ]

年賀状の衰退にビビる郵便局と同じ構図を石材業界に見た!
イメージ

私たちも含め、葬祭業界ではとうぜん「先祖と供養」が普遍的なテーマとしてあると思います。葬儀社さんはとも...

[ 石屋さんについて ]

76歳。自分のためにお墓を建てる!富山県射水市・大島墓地
イメージ

どなたもお亡くなりになっておらず、家にお墓がいない。いわゆる「分家」の主であるTさまが、生前にお墓を建てる...

[ 施工例 ]

~小さな外柵があるお墓~富山県高岡市二上霊園での墓石施工例
イメージ

今日は富山県高岡市の市営霊園「二上霊園」での和洋型墓石の施工例をご紹介します。ご主人のためのお墓を建て...

[ 施工例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ