コラム

 公開日: 2016-09-21  最終更新日: 2016-11-08

【ご相談事例】Aさまの場合「実家の墓に別の宗派の題目が刻まれていた!」

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。

台風による雨もおさまり、すっかり秋めいてきたこの頃。
急に寒くなり、テンションも下がってきていますが、食欲についてはしっかり秋を感じております。

さて表題は、先日のお客様のご相談事例ですが、私のコラムをお読みいただいてご来店いただきました。
お客様にも今回の事例をこちらで書いても良いとご了承いただきましたので、同じようなケースでお悩みの方の参考になればと思います。

「南無阿弥陀仏」の文字が消えている!?

実家の墓 悩み
お客様をA様とさせていただきます。
A様のご実家のお墓には、お父様のお骨(お骨壺)が納骨されています。

元々は、浄土真宗の寺院の墓地にお墓があったのですが、墓の承継者であるご兄弟が、「そのお墓をキレイにして市営墓地に改葬(墓とお骨の引越し)をすることにした」と言われました。

A様はご兄弟にお任せして、あるとき新しい市営墓地にお墓参りに行かれたのですが、そこで驚いたのが、お墓の竿石に彫ってある浄土真宗の名号である「南無阿弥陀仏」が別の宗派の題目に変わっていたのです。

そのお墓を浄土真宗のお寺から移転する際に、竿石の表面を切断して、新たにお題目を彫ったようで、実際にその墓で墓石を見させていただいたところ、切断したためにやはりバランスが少し悪くなっていました。(一見するだけではバランスの悪さはわかりません)

墓石に彫った文字を再度切断して、新たに文字彫刻できる?

A様のご希望としては、お墓で眠っているお父様は浄土真宗を篤く信仰していらっしゃったので、お父様が眠る墓の文字をもう一度、「南無阿弥陀仏」に戻したいというものでした。

竿石 墓石
(※画像と本文は一切関係ありません)

今の竿石をそのまま使うとすると、新しく文字を彫るために竿石は二度切断されることになります。
竿石に彫ってある文字の深さは、どんなに浅くても1寸(約3cm)以上はあります。そこをまず切って、研磨して彫刻することになるので、1寸5分(約4.5cm)程度は薄くなります。

そして竿石の横には基本的に建立年月日と建立者名が彫られていますが、もし連名になっていると、このバランスがおかしくなってしまうでしょう。
また、竿石の下の上台に水垂加工がしてあるとそことの兼ね合いも出てきます

一度目はそれほどバランスが崩れなくても、これを二回するとなると最初に墓石を建てたときに比べると、竿石はかなり細くなってしまいます。

実家の墓の文字彫刻を変更がはらむ問題とは?

竿石の文字を彫刻しなおすことは、技術的には可能であり、出来ないことはないということを説明してきましたが、では「やっても良いものなのか」と聞かれると、今回の場合は2点の問題点が残ります。

まず1点目でこれが一番の問題なのですが、「実家の墓」ということで墓の承継者はご兄弟であるということです。
ご兄弟が改宗して、墓石の文字を新たに彫り直した、というのが事の発端なのですが、これについてはとくに問題はないと思われます。同じ兄弟のA様に内緒でやったということについては大いに問題がありますが、それは家族間の問題にとどまります。

ですが、これをA様が無断で元に戻して(実際には切ってしまったものは戻せないので、彫り直すか新たな竿石に変える)、それをご兄弟から訴えられたとなると、A様はかなり分が悪くなってしまいます。
この場合は、ご実家の墓の承継者はご兄弟になっていること、その証に市営墓地の名義人(管理人)はA様でなく、ご兄弟になっています。

信仰する宗教を変えるというのは、ただ単に家の宗派を受け継いでいるのとは違い、それなりのエネルギーが必要だと思います。こちらが元に戻しただけという主張は通じない恐れが大きく、話し合いでまとまる可能性も薄く、どんな手段に出るかは分かりません。
家のため、親のことを考えて行動したとしても、法的にはA様の立場は弱いのが現実です。

石材店の立場としては、余計なことは考えずに、ご依頼者さまの要望を受けて仕事を受けても、その後のことは一切関係がないとすることで問題はないかもしれません。

しかし私たちがした仕事によって、さらなる家族間のいざこざを生んでしまったならば、一番悲しむのはおそらく亡くなっているお父さまであり、A様のお父様を不憫に思うお気持ちをないがしろにしてしまう結果につながる可能性があります。

やはりいかなる理由があったとしても、墓と墓地の管理者さまに無断で仕事を行うことは、石材店がお客様をトラブルに巻き込んでしまう可能性を含み、道義上問題が残るでしょう。

竿石は仏石。できれば切断したくない…。

そして2点目。
これは精神的ことになりますが、竿石を切るということは、よほどのことがない限りは抵抗があります。それは竿石は、別名「仏石」でもあるからです。

すでに一度、ここを切断してあること自体がこの問題を生んでいるわけですが、ここを切ったり、彫ったりすることは仏さまを切ることになります。

やんごとなき事情もあるでしょうが、ここは基本的にはあまりいじらないようにしたいというのが私たちの心情です。
うちの先代においては、竿石に個人の名前を彫るのはけしからんということで、先代のスナダ石材の墓では竿石でなく、三段目に建立者名が彫ってあるくらいです。

それこそ先代であれば、彫り直したいという依頼をされるお客様には説教を垂れている可能性があるので(笑)、彫り直すという依頼には、竿石を新たに交換しないといけないと言うでしょう。

現在では閉眼供養や魂抜きの法要を行えば、仏石もただの石と捉えるのですが、それでもやはり多少の抵抗が残ります。

まとめ

「実家の墓に彫ってある文字を変えたい」というご要望でしたが、技術的にはできなくはないけれども、承継者さま(墓地の名義人)に無断で変えることは止めておいた方が良いことをお伝えいたしました。

A様の本望は、実家のお墓云々ではなく、お父様が安心して眠っていることを見守ることであり、将来的に一緒に眠るお母さまも同様だということなので、また別の解決策をご提案いたしました。
A様自身もお墓をいじることでトラブルになる可能性を考えて悩んでおられたので、お墓に関してはそのままにしておくということになりました。

お墓が家や信仰の象徴でなくなってきたとはいえ、いざそのような問題が起こってしまうと、やはり家族間の話し合いが重要だと感じますが、話して解決するものならそもそも問題になってないんですよね。。

他に同じようにお悩みの方の少しでも力になればということで、A様のご相談事例を書かせていただきました。
A様、ありがとうございました。

◇1956年創業、1500件以上の建立実績
  └ご家族の想いをカタチにする墓石専門店
  http://www.e-isiyasan.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

実は「色彩」を持つお墓と埋葬。社会が「グラデーション化」するワケ
イメージ

先日ご依頼があり、お墓のプチ講座を自店で開催いたしました。そのご依頼をいただいたのは、富山で活躍されてい...

[ 終活 ]

年賀状の衰退にビビる郵便局と同じ構図を石材業界に見た!
イメージ

私たちも含め、葬祭業界ではとうぜん「先祖と供養」が普遍的なテーマとしてあると思います。葬儀社さんはとも...

[ 石屋さんについて ]

76歳。自分のためにお墓を建てる!富山県射水市・大島墓地
イメージ

どなたもお亡くなりになっておらず、家にお墓がいない。いわゆる「分家」の主であるTさまが、生前にお墓を建てる...

[ 施工例 ]

~小さな外柵があるお墓~富山県高岡市二上霊園での墓石施工例
イメージ

今日は富山県高岡市の市営霊園「二上霊園」での和洋型墓石の施工例をご紹介します。ご主人のためのお墓を建て...

[ 施工例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ