コラム

 公開日: 2016-09-30  最終更新日: 2016-10-26

【徳川幕府滅亡から150年】時代の転換期に私たちができること

今日で9月が終わりますね。
明日から10月が始まり、衣替えの季節。ついでに、149年前の旧暦10月14日(1867年11月9日)には事実上、江戸幕府が終わり、長い幕藩体制が終わっています。真田丸ではまだ徳川の時代は始まっていませんが、リアルの社会ではすでに結構な年月が経っています。

江戸時代

この江戸時代という長く平和な時代に完成形となり、現代に生きる私たちにまで引き継がれてきているものがあります。

まさに「お墓」であり、今主流の「葬送のカタチ」です。

墓石業は江戸時代の制度上に成り立っていた!?

とくに私たちの墓石の仕事においては、徳川幕府が敷いた「キリシタン弾圧」からの「檀家制度」、そして明治時代に確立された家制度とは切っても切れない関係にあります。
徳川の時代はとうに終わっていても、私たちは今も幕府が作った制度の上で仕事をしているようなものなのです。
そのため、日光東照宮に足を向けて寝た石屋さんは滅ぶと言われています(嘘)

あ~、家康公の悪口を書いたから、罰が当たって墓の仕事が減ったのかな、なんてふと思ったりもしないでもないです(笑)

幕府が200年かけて仕上げた制度と、儒教的な祖先祭祀という明治時代の家制度が浸透してきたことで、私たちスナダ石材が今までこの仕事をしてこれて、砂田家が今あるんですよね。

要するに、現行の制度上では私たちはずっと「強者」側であったのです。

制度のおかげで仕事が成り立っている人たちは、石材業に関わらずたくさん存在します。というか、制度がなくても頑張って新しい制度を創造している人たちの方が圧倒的に少ないのです。

新しい時代が幕を開けると、皆の衆は「徳川の時代なんて終わったんだよ!」と、こぞって土地を捨て、家を捨て、自由に生きれるようになりました。ただし自由に生きるには代償があり、あまりに平和で長く続いたこのさまざまなシステムの上では守られることがない「弱者」になりつつあります。

たとえば家族が親と子の二人だけになる可能性もはらんできました。
家や族という単位に所属しない人たちも増えるかもしれません。
そんな人たちも混在する多様化する社会において、「家族で何とかするべき」、「お墓は家の宝」とか言うのは強者の論理であり、時代錯誤的に聞こえてしまうことに気がついたのです。

家族があるのは素晴らしいです。皆、小さくても家族を作るべきだとは思いますが、家族を作ら(れ)ない人、そして家の墓を建てない人たちをキリシタン弾圧のように討伐することはできません。
でも今のお墓に関するいろんな論理て、いくら柔らかく伝えても、つまるところそう聞こえなくもないと感じています。
私たちは知らず知らずのうちに、今も幕府の亡霊にしたがってキリシタン弾圧を無意識にしているのかもしれません。非暴力的に。

お墓の「まもりびと」を応援します!

そんな今という時代、私たちができることって何かなと思ったのが「まもりびと」という考えです。
先祖の墓を終う事情がある。
新しくお墓を建てられない。

こうした人たちに、私たちができることがあるだろう。
そして、なぜこのような人たちをサポートするのかといえば、それはやっぱり「墓を建てる仕事」を細々とでも続けていきたいからです。

お墓を建てる人たちは少なくなっていくかもしれません。
もう一度、戦国時代がきて、いろいろ戦ってもらって、盤石な封建制度ができたなら、私たちは仕事にあぶれることがなくなるかもしれませんが、もうそんな時代は終わって、今まで守られていた強者は少なくなってきています。

かといって、お墓がなくなるということはないでしょう。やはり強者はお墓を建てていくでしょうし、今あるお墓を守っていくことも必要になります。
ただそのボリュームは減っていくので、私たちが創り上げてきた会社のシステムでは対応できなくなります。

そのために「お墓」をしまう人なり、作れない人の役に立つことで会社を維持し、またお墓を作りたいという人たちのために喜んでもらえる仕事をするエネルギーを補充していく。
これが私たちの今できる精一杯であり現状です。

そんなことを踏まえて「まもりびと」を考え、そこに向かって動いているしだいです。

◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやま終活カフェ 
とやま終活カフェ

「写真の整理をしたけれど、想い出がつまった写真を捨てられない」「亡くなった家族の写真の処分が一番困った」遺品整理でも一番困るのが実は「写真やアルバムの...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2016年12月から変わる洗濯表示にちなみ「お墓の取り扱い方」を作りました!
イメージ

富山の墓石専門店㈱スナダ石材の砂田嘉寿子です。みなさん、今日から洗濯表示が新しくなることご存知でしたか...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

【のんべぇ必見!】酒と泪とお墓と人。お酒とお墓のよく似た関係
イメージ

そろそろ忘年会シーズンに突入ですね。忘年会といえば、ビールにワインにウィスキー、そして日本酒。(ぜんぶ酒や...

[ 石についてのエトセトラ ]

墓石の土台に貼る石は磨くべき?磨かない方が良い?
イメージ

墓石の土台に関しての最近の傾向としましては、基礎コンクリートで立ち上げて、上に張り石を貼るというパターンが...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【いつかどこかで使える!?】墓石業界用語集「な」行
イメージ

「な」から始まる業界用語を探すものの、なかなか思い浮かばず更新が止まっておりましたが、ようやくまとめました...

[ 墓石業界用語辞書 ]

【一流の人の墓参り】その一分間の瞑想が脳波に与える影響
イメージ

皆さま、現在強いストレスを抱えておいでではないですか?年末が近づき、いろいろ追い込みがかかる時期ですよ...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ