コラム

 公開日: 2017-07-06  最終更新日: 2017-07-25

お墓が見まもる「時間」というもの-出逢いと別れと再会と

先月の23日、市川海老蔵さんが、
「人生で一番泣いた日です。・・・改めて報告させていただきますので・・・ひとまずおかえりくださいませ」
と自身のブログをアップしました。
それをネットで知り、「まさか…」と思っていた矢先に1本の電話がありました。

お電話の相手は、平成20年にお墓をご建立くださったO様。
「妻が亡くなったので、墓誌に追加彫りをお願いしたい」というご連絡でした。

「えっ!?奥さまが!」と一瞬、声につまってしまったのは、お墓を建てられた後も、現在の店舗に移転した際のリニューアルイベントに、ご夫婦でいらしてくださったことを思い出したから。
年齢もまだお若く、とつぜんの悲報に絶句してしまいました。

その日の午後には、海老蔵さんが最愛の奥さまである小林麻央さんのご逝去を会見で発表。

そして後日、ご来店されたOさまからは、奥さまも麻央さんと同じ乳ガンと闘病されていたということをお聞きしました。

お亡くなりになった日も、年齢も、そしてその悲しみもそれぞれ違いますが、年月という時間が「別れ」をもたらしたという同じ事実に、ただがく然とするしかありませんでした。

Oさまのお墓-お母さまから娘さんへの想いがお花に現れる


デザイン墓 富山市 

Oさまがご来店されたのは、亡き娘さんの7回忌をひかえた頃でした。
それまでは本家のお墓に納骨され、娘さんを偲んでバレーボールのメモリアルストーンを設置していたのですが、新しく自分たちのためのお墓を建てたいとご来店くださいました。

当時の奥さまの印象としては、表情が少なく、悲しみを背負っているご様子がうかがえましたが、その奥さまのお顔に初めて笑顔が出たときがありました。

バラモチーフ デザイン墓 富山市

それは、お墓の納骨堂の扉にバラのモチーフをつけるというお話になったとき。
それまではまったく笑顔がなかった奥さまが、それからは笑顔が見られるようになったのです。

お墓をなぜ建てるのか?-哀悼の意を表せるものはそう多くない

時間は「出逢い」をもたらす反面、こうした悲しい「別れ」をもたらすことは避けようがないことですが、一つだけ心の拠り所と感じられたのがこの「Oさまのお墓」でした。

「娘さんが待っている、あのお墓でまた逢えるんだ」

想いをこめて作ったお墓で待つ家族と、一緒に眠る。

残された人のせめてもの安堵に。
お墓を作る大きな意味がここにあると思うのです。

深い悲しみの気持ちを表すことは、そうたやすいことではありません。
言葉にならない想いがあるからです。

そんな言葉に表せない想い、消えない悲しみを表すことが「墓石」なのではないかと思います。
簡単には壊れない、消えない。重くて大きい。
墓石とは基本的にはそんな存在です。

そういうものでないと表せないのが「哀悼(あいとう)」なのではないかと。
「想いを込めたお墓づくり」とは、そういった意味合いも含んでいるのです。

終わりに

「時間」は救いになるときもあれば、悲嘆をもたらすものでもあります。
しかしその悲しみも、また時間によって癒されていきます。

私たちに流れるそんな「時間」を、ただ静かに見守っているのがお墓なんだろうと思うのです。



┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

実は「色彩」を持つお墓と埋葬。社会が「グラデーション化」するワケ
イメージ

先日ご依頼があり、お墓のプチ講座を自店で開催いたしました。そのご依頼をいただいたのは、富山で活躍されてい...

[ 終活 ]

年賀状の衰退にビビる郵便局と同じ構図を石材業界に見た!
イメージ

私たちも含め、葬祭業界ではとうぜん「先祖と供養」が普遍的なテーマとしてあると思います。葬儀社さんはとも...

[ 石屋さんについて ]

76歳。自分のためにお墓を建てる!富山県射水市・大島墓地
イメージ

どなたもお亡くなりになっておらず、家にお墓がいない。いわゆる「分家」の主であるTさまが、生前にお墓を建てる...

[ 施工例 ]

~小さな外柵があるお墓~富山県高岡市二上霊園での墓石施工例
イメージ

今日は富山県高岡市の市営霊園「二上霊園」での和洋型墓石の施工例をご紹介します。ご主人のためのお墓を建て...

[ 施工例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ