コラム

 公開日: 2017-08-10 

【リアル日本人】若者ほど墓参りに行きたがる!?その理由を探ってみた!

コンビニにも仏花がならぶようになり、お盆ムードがじわじわ加速してきている今日この頃。
よい子のみんなは、夏休みの宿題進んでいるかな~?

さて先日、NHKで放映された「国民アンケートクイズ リアル日本人」で面白いアンケート結果が出ていたので、今日はその考察をしていきたいと思います。

と言いながらも、実は私はこの番組をリアルで観ておらず、FBのタイムラインで流れてきて知りました(汗)

10代の若者たちはお墓参りが好き!?

このNHKのアンケート結果によると、どうも最近のヤングジェネレーションは、むしろお墓参りに行きたがっているらしいのです!

これね。私もうすうす感じていたんですけど、実際そういうお声を聞くこともありまして、そうじゃないかな~と感じてはいたんですよ。ただこの実感は、何か統計調査をしたわけでもなく、たんなる私のカンでしかなかったんです。

それがNHKがこのようなカタチで可視化してくれたことで、「ほら見ろ!」と納得したわけです。

ではなぜ、10~20代の若者が、ヤング世代が「お墓」に愛着を感じているのか?
だって、言うてもヤングジェネレーションですよ!?
若者って、いつの時代もそういうことには無関心なはずじゃないですか?

しかも「お墓ばなれ」と騒がれているはずなのに、お墓参りに行きたがるってどういうことなんでしょ?

日本人の死生観の変化により、お墓の存在価値も変化

ここに、その答えにつながる記事を見つけたのでご紹介します。

AERAの日本人の死生観に変化 「霊魂信じる」増加中のなかでも、若者がより顕著に「あの世を信じる」と答えている調査結果が載っています。

70歳以上の人よりも、20代の方が「あの世の存在を信じている」というのです。

この記事によると、これまでの近代仏教学では霊魂の存在を否定してきた影響が色濃く残ること、また宗派によっては、そもそも霊魂の存在が曖昧なものとして捉えられているため、その影響を多く受けている世代、とくに団塊の世代では、霊魂やあの世の存在に対して否定的な考えが根強いといえるようです。

対して若者は、そういった影響は少なく、日本古来の森羅万象に魂を見出す思想へ回帰しているということ。
自然にも魂が宿ると考える、もともとの日本人の自然観に基づいた考え方ができるということでしょうか。

それはつまり、あの世とこの世の存在を信じられる、言いかえると「目に見えない世界を感じる力」が強いといえ、それが若者がお墓参りに行きたがることにつながっているのかもしれません。

リアル日本人 お墓参り

お墓参りに行きたいその理由についても、
「見守られているようで安心できる」
「故人と会えたようで懐かしい」
と感じていることからも、お墓の持つ「空間の力」を感じていることがわかります。

お墓には安心感があり、想像力かきたてられるモノ

若者は、このスピーディーな世の中の変化に対して、おそらくより敏感であるのではないかと思います。

「祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の世の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ
諸行無常の響きあり」

と平家物語の冒頭にもあるように、世の流れがスピーディーなのは今に始まったわけではありませんが、テクノロジーの発達にともなう変化に柔軟に対応している若者ほど、その時代の風を感じているはずです。

自分のルーツでもあり、道標のような存在ともいえるお墓。

変わりゆく世界を生き抜くときには、自分の中にある種の普遍性を持たないと生きにくいものです。
その普遍性をお墓から感じとっている、というか、絶対的に変わらないモノって、お墓くらいしか今の世の中にはないんじゃないでしょうか。

これまではお墓は亡き人の成仏を願う場所でありましたが、今は再会の場所だとAERAの記事では記されていました。

そうですね。成仏を願うにしても、再会を果たすにしても、そこには「想像力」が必要不可欠です。
なので、私は安心感と想像力をかきたてられる場所がお墓なんだと思っています。

それが若者の心にとっても拠り所である、むしろ若者にこそ必要な拠り所ではないかとも思ったしだいです。


┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ふるさとのお墓を納骨法要までにキレイにしたい。

Q1. お墓のクリーニングを依頼する前、どのようなことで悩ん...

槌谷さま
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

デジタルメディアは石の記憶力を超えられるのか!?
イメージ

アナログ派とデジタル派。世代によっても違いはありますが、今はいろんなことがデジタル化されてきています。...

[ 石についてのエトセトラ ]

サイコパスは「お墓参り」をしないだろう。なぜなら「魂」を信じないから
イメージ

2017年も残り少なくなってきたころ、衝撃的なニュースが駆け巡りました。神奈川県座間市で起こった死体遺棄事...

[ お墓参りの効能 ]

やってはいけない「NGなお墓参り」など存在しません!
イメージ

最近「ハウツー系」のタイトル記事がよく目につくようになりました。おそらく、こういった内容はPV数を多く取...

[ お墓参りの効能 ]

「サザエさん」の象徴・三世代が集まる「茶の間」はいずこへ?
イメージ

半世紀近くTV放映されてきた「サザエさん」も、時代の転換には逆らえないのか、スポンサーである「東芝」が降板...

[ お墓参りの効能 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ