コラム

 公開日: 2017-10-07 

【素焼きのままで】骨壺とお骨の奇妙な関係

先日、このようなお問い合わせをいただきました。
「お墓のお骨壺が割れてしまったので、新しい骨壺をお寺で用意してもらったけれど、割れた方の骨壺はどうすればいいですか?」

骨壺 割れる

このお問い合わせに対しては、これまで「割れた骨壺をこちらで引き取り、処分しますよ(処分費@千円)」とお答えしていました。なぜなら多くの方が、骨壺の手配から石材店にお願いするので、割れたお骨壺は必然的にこちらで引き取ることになるからです。

「割れたものを墓の底に敷いてもいいの?」

お客さまは続けて、こうおっしゃいました。
そこで私の脳裏に浮かんだのは、縄文時代の埋葬法です。

縄文人の埋葬といえば、土器と一緒に発掘された遺体の数々。
遺体の底には割れた土器が敷かれていて、その上に遺体が安置されていた当時の埋葬法です。

陶器製の骨壺とは違い、富山で使用されている素焼きの骨壺は「自然に還る」という意味があるので、たとえ割れて中からお骨が出てしまっても、そのまま土に還せるようになっています。

素焼きの骨壺 骨壺.comより

お骨を入れ替えるというお話しだったので、骨壺は処分となると考えましたが、お客さまがおっしゃるように、墓の中にそのまま骨壺を入れておいても何ら問題はないのです。

お骨は土にほんとに還る?

素焼きの骨壺といっしょに土に還るお骨といいましたが、ここでふと疑問が湧いてきます。
さきほどの縄文人です。
あれ?なんかおかしくないですか?約6万年前の遺体が発掘されてるんですよ。

土に還ってなくないですか??

この「遺体やお骨は土に還るのか」という問題について、兵庫の石屋さんがブログに3回にわたってまとめられていました。
お骨は土に還る?
お墓とはお骨が土に還るシステム

こちらのブログを私なりに要約しますと、
「お墓はお骨を土に還すシステムとして存在していて、そこには日本人の民族としての霊魂の概念が宿る装置でもあるが、じっさいにはお骨は簡単には土に還らず、現代においては「骨壺」がそのことを象徴している」
となるでしょうか。

縄文人の遺骨すら発掘されるのですから、火葬で焼骨されたお骨はなお、土に還りにくいはずです。

素焼きの骨壺は願望の現れ?

お骨は簡単に還らない。
土壌の関係などいろいろな要因や要素がからむことですが、これはもうしょうがない。
自然食しかなかった時代の縄文人でさえそうなんですから、加工食品を食べている私たちが、彼らより自然界に受け入れられるとも思わないですし。

ではお骨が土に還らないのに、素焼きの骨壺なんか意味あるのかって話ですよね(たしかに陶器に比べて破損しやすいですし…)。

きっと「自然に還る」という言葉には一種の幻想というか、憧憬がひそんでいて、私たち人間はそこから逃れられないのだろうと思います。
それは文明が進めば進むほど。

その願望が「素焼きの骨壺」に現れているのではないかと。
心理学者フロイト流に言えば「無意識の願望」。
そう考えるとお墓そのものが、「無意識の願望」であり、無意識下でみる「夢」のような存在なのかも―。

夢 フロイト 無意識

「みなす」ことと「物語」を編むこと

日本人は「見なす」ことが得意な民族です。
たとえば「二人羽織り」なんかはその象徴ですよね。黒子も同じです。



後ろに人がいるのはわかっているけど、そう「みなす」こと。

「素焼きの骨壺で自然に還る」とみなす。
「お墓は生命の循環である」とみなし、民族的な一大物語を編んできた私たち。

得意分野を長い年月にわたって、上手に昇華してきたのがお墓の文化ではなかろうかと。
誤解を恐れずに言うならば、「お墓」がそういう日本人の特異な能力を生かすことに寄与し、文化の発展に役立ってきたとも。

そんな隠された私たちの願望や夢がつまっている「素焼きの骨壺」。それをずっと後の時代の人たちが発掘して、そのときに感じてくれたら良いですよね。
「昔の人間も自然に還りたいと願っていたのか」と。

それでは本日のおすすめの曲はビリージョエルの「素顔のままで」。原題は「Just the way you are」。

素顔のままの、ありのままの君でいて。




┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終活 とやま お金 老後

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓石クリーニング 墓そうじ

お墓についてこんなお悩みありませんか?「お盆の墓参りの前に気になることが…」「拭いても落ちない汚れをどうにかしたい」「そういえば、もうすぐ〇回忌…」...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

社長の無愛想の中にも愛着のある人柄が気に入りました。

妻の生前中に、二人で氷見市の東原墓地公園を申し込んでいま...

中尾 
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
過去はサル。欲しい未来をトルために来年こそは飛び立とう!
イメージ

こんにちは!メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子です。あなたにとって、2016年はどんな年だったでしょうか。...

[ 店舗情報 ]

【お墓の経済学】お墓を大切にしたい気持ちは「行動経済学」で説明できる!
イメージ

10月といえば「〇〇の秋」。そして、毎年10月に発表される「ノーベル賞」の秋でもあります。今年のノーベ...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓に眼あり!泰平の世を願う「春日野局の墓」 編
イメージ

お墓を新しく建てると、「開眼供養」といって墓石に魂を入れるための「入魂式」を行いますが(宗派により別称あり)...

[ お墓 古今東西 ]

今、お墓が「エモい」!ココロおどるお墓を作ろう♪
イメージ

国語辞典などで知られる三省堂が、2014年から発表している「今年の新語」。今日は、2016年の大賞で第二位となっ...

[ 新しいお墓作り ]

「魂」を科学したつもりなのに、なぜか文学的になった!
イメージ

唐突ですが、「死亡した瞬間、人の体重は21g減る」という話は聞いたことがありますか?21グラムと聞くと...

[ 珈琲タイムのプチ哲学 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ