コラム

 公開日: 2018-01-25 

「なぜ、人はお墓を建てるのか」 2018年の今、思うこと

お墓は生き方

私が墓石業に関わって、すでに12年が経ちました。
嫁ぎ先の家業だから始めたこの仕事を強制させられたことは、誰からも、一度もありません。
なんなら、会社に入らなくても良いとさえ言われていました。
その選択肢もあったのですが、私は知らないこの世界に入ってみたくなったのです。

そしてこの仕事に携わるようになってから、私はつねにこう問いていたように思います。
「なぜ、人はお墓を建てるのか?」という根源的な問いを。

12年間、ずっと考え続けてきたので、その時その時で自分なりの答えを出していくことを習慣化してきたところがあります。
そして、その答えや思考のプロセスを、このマイベストプロで記してきました。

現代人は本当に宗教(信仰)心をなくしたのか?
お墓は写真とよく似ている。あることを感じさせるという点におい

でも、せっかく考えた答えのようなものは、移り変わるんです。
去年はこうだったけど、時代が動くと少し変わる。
もちろんこの答えには正解はないので、それぞれ各人が出すものなので、移り変わるのは当然です。

そんな答えのない問いを12年間続けてきた今思ったのは、お墓を建てることは「生き方」なんじゃないかということ。
お墓は「祈りのカタチ」ですが、それは「生き方のカタチ」でもあると。
「祈り」そのものが、「生きる」ことでもあるわけですから。

お墓を終う方も増えてきた昨今。
お墓の終い方は、人生の「終わり方」を考えることにつながります。
これまでそこはクローズアップされてこなかったのですが、時代の要請により、「生き方」を探る人々は、同時に「終わり方」を探るようになっていきます。

「終わり方」に注目されたあとの「生き方」。
一周したあとのスタート地点。今はそこにいるんじゃないかと。

私のなかでは「想いをカタチにするお墓」をずっと掘り下げてきた感がありますが、これまではその前提に「終わりを意識せずに」というのが加わっていたと思います。

「終わりを意識したあとの」お墓は、「生き方」や「生きざま」になり、これまで「想い」として表現してきたものは、よりダイナミックに意識されていくのではないかと思うんです。

だからお墓を建てるってことは、「生」をより意識することにつながり、だからこそ「死」を意識することになるだろうと。

では、「それはどういうものか?」となると、あまりに抽象的すぎて、「これです!」と言えるほどわかりやすいものではないんですよね。でも、そういう目に見えないものを具現化していくことが、この仕事での到達目標になると思っています。

だから私自身は、お墓を「生き方」とか「終わり方」、「生きざま」や「死にざま」といった目で見つめていくことになるんだと思います。
そこから何かを感じ取って、またこうやって書き綴っていくのではないかと。
それが、私の今年のテーマです。


┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

お墓の改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
S様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

納骨法要までにお墓をキレイにしたい!富山県射水市 Kさまの場合
イメージ

数年前にお墓の小工事をさせていただいたことがある射水市のKさまより、2月半ばの納骨法要までに、お墓をキレイに...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

墓石のもう一つの顔 -平日午後3時のお墓たち
イメージ

人間には誰しも「二面性」があるものです。「表の顔」とはまた違う、「裏の顔」。また、「昼の顔」と「夜の顔」...

[ お墓 古今東西 ]

あの「ことわざ」を少しイジるとお墓のトリセツになった!
イメージ

この世界には、数え切れないほどの「ことわざ」が存在します。いったい誰が考え、どうして伝わってきたのかわ...

[ 墓石 用語 辞書 ]

記録が記憶に変わるとき。時間の価値を教えてくれるオリンピック
イメージ

平昌オリンピックでメダルを賭けた戦いに挑む選手たちが、続々と結果を出してきていますね。スキージャンプ...

[ お墓は「生き方」 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ