コラム

 公開日: 2018-02-28  最終更新日: 2018-03-19

イースター島のモアイ像は日本のお墓とこんなに似ている!

NHK BSより
さかのぼること、1月の初め。
NHK BSで放送された『絶海!謎と神秘の巨石文明 モアイとイースター島 〜21のミは、ご覧になりましたか。

私はチラッと見るつもりが、見始めるととても面白くて、子どもが見ていたテレビ番組を横取りするほど引き込まれてしまいました。
モアイ像で有名なイースター島は人類の営みのすべてが凝縮されている孤島であり、またモアイ像には、「日本のお墓」との共通点がたくさんあったのです。

今日はその【モアイ像とお墓に通じること】について書いてみたいと思います。

モアイ像とは?


モアイ像

イースター島のモアイ像は「アフ」という石垣の上に建っています。
この「アフ」は、私たちのお墓でいえば「土台」にあたるもので、このアフの中から多数の人骨が発掘されています。
イースター島のモアイ像は、絶対的な権力を持っていた部族の首長を崇めるために、墓の上に建てられた偶像だと考えられています。

その部族のリーダーには「マナ」という特別な力、精霊のようなものが宿るとされていて、リーダーが死んでも「マナ」の力で部族を守るために、モアイ像は村を守る墓標として崇めらるようになりました。

実はモアイ像には「目」があります。
私たちの知っているモアイ像は、目が開いてないように見えますが、しっかりと「瞳」が作られ、はめこまれていたモアイ像が存在していることがわかっています。

この「目」に霊力である「マナ」が宿るとされ、モアイ像自体は凝灰岩という岩石から作られていますが、目の部分は石灰岩を用い、石質もしっかりと区別しています。

私たち日本人のお墓には「目」こそありませんが、墓石を建てると、「開眼供養」や「魂入れ」といった法要を行うことが一般的です。

開眼供養 おしょうね入れ

モアイ像を建てていた時代の人々と、私たちが先祖を「仏さま」として拝むことには、同じ人間として似通ったところがある気がします。
遠く離れたイースター島、しかも10世紀以上前のポリネシア人が、「祖先祭祀」や「祖先信仰」というものについて、現代の私たち日本人とそう大きく違わないことに、ちょっと感動を覚えました。

スナダ石材のモアイ像

実はスナダ石材は、このイースター島のモアイ像を模して作り、それをお店に展示していたことがあります。(それもあって、この番組が気になりました)

このモアイ像はけっこう人気で、通りすがりの女子高校に頭をなでられたり(お地蔵さん!?)していました。
また、北日本新聞にも「雪のモアイ像」という記事を書いていただき、夫と息子は(小さく)これが初の新聞デビューとなりました。



また、売り物で作ったわけではなかったものの、大・中・小の3セットがすべて売り切れとなったのも、日本人とモアイ像には親和性があるからなのかもしれませんね。

↓↓若いご夫婦のお宅に飾られたモアイ像。
いつかこのモアイ像を見下ろすほど、大きくなっていくのでしょうね。



↓↓クレーンで釣られるモアイ像。



こちらは、和のお庭にも違和感なく建っています。



まとめ

モアイ像と日本のお墓。
そして、イースター島の原住民と日本人。

孤島の歴史を見つめてきた巨石の偶像は、現在は観光客によってその魅力を再発見され、そしてそこに宿っていた「祈り」を今の私たちに伝えてくれています。

私たちのお墓にもカタチこそ違えど、モアイ像と同じ精神性が宿っていることをお伝えしました。
あ~、またモアイ像、置きたいなぁ…。


----------------------------------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
↓↓こちらのQRコードから友達登録できます↓↓
LINE@ スナダ石材


┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

建て替えるまでもないけれど、お墓をリフォームしてよみがえらせたい

「昔からの知人のおうちのお墓が建ったというので、近くの墓...

宮崎様 富山県射水市
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

【お墓だって年をとる!】墓石のコンクリートのひび割れにお化粧対策in富山県射水市
イメージ

20年前に墓石の上の竿石だけをリフォームしたお客さまからご連絡がありました。内容は、「コンクリートのひび...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

お金が先か、お墓が先か問題
イメージ

「よーく考えよー。お金は大事だよー。」こんなフレーズが流行ったことがありますが、今日はお墓とお金の大...

[ お墓の経済学 ]

「墓地」は「神社」に勝てないのか問題
イメージ

先日、同業者のセミナーが金沢で開催されたので、そちらに参加してきました。そこで、「お墓はパワースポットで...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ