コラム

 公開日: 2018-04-03  最終更新日: 2018-04-06

分かっているつもりで、腹落ちしていなかったこと。新年度に向けてのあらたな仕事論。

どんな仕事もそうだと思うんですが、プロダクトやサービスを提供することで、その対価をいただきます。

「対価をいただくことでエネルギーとなり、次のエネルギーの源泉ともなる」

これまではそう思っていましたが、実はこれはちょっと違うのかもしれないと気づきました。

そのきっかけは、真国寺さんで月に一度行われている「Aha-エンパワーメント講座」の昨夜の講座を受けて、また、講座後の座談会でのいろいろな話を受けて、ちょっと思うところがあったからかもしれません。



講座のテーマは「エネルギーの預金口座」。
貯蓄は美徳であると教えられてきた日本社会。その反面、「使う」ことや「投資」についての教育は行き届いておらず、「悪」という刷り込みすらあるように思います。
そうして社会が発展してきた部分も大いにありますが、「幸福」について考えるとき、この「貯蓄」がそれほど意味を成していない場面が多く浮かび上がるようになりました。

そこで「お金」ではない、私たちの「エネルギーの預金口座」をいかに充実させていくか、そこに幸せの本質があるということについて考えていくのが今回の講座だったのですが、参加者の皆さんが一様に共感を抱いていたのが、俳優の渡辺謙さんの「言葉」でした。

ハリウッドでも評価されるようになった渡辺さんですが、彼自身が俳優という仕事に対して感じていること。それは、「いくら過去の栄光があったとしても、俳優はつねに新しい役に向き合う仕事であるため、つねにゼロからのスタートになる。それはまるで、橋をゼロから作る建設業の仕事のようなものだと思う」
というもの。

ハリウッドスターとしておごるのでなく、日本であろうが、ハリウッドであろうが、与えられる役柄にゼロから挑む。
この姿勢こそがプロフェッショナルであり、彼の存在感につながり、そうして自身のエネルギーを満ち溢れさせているのでしょう。

「ゼロからつくる」

実はこれはどの仕事にもいえます(だからこそ皆、共感した部分でもあります)。
私たちの仕事も同じです。
いくら創業62年だといっても、お墓の現場はそれぞれ違い、またお墓のカタチ、大きさ、石種がまったく同じであることは基本的にはありません。
それは俳優でいうところの「役」である、「お客さま(施主)」の背景がさまざまだからです。

また、お墓を建てる仕事ばかりではありません。
終う仕事もあれば、保守的な仕事もあります。
時代背景も変化し、そのお客さまが何に困り、どう解決していけばよいのかを考える場面もすごく増えている気がしています。

仕事では「実績」が評価されますが、結果的には積みあがっているにしろ、その仕事仕事においては、まさに「ゼロからつくる」気持ちで取り組んでいるわけです。

そしてもう一つ大事なことは、仕事を依頼されるということは、まさに講座でいっていた「エネルギーをいただくこと」につながっていくのです。
私たちの仕事がお客さまのお役に立つ。
それが私たちのエネルギーの源泉となり、エネルギーの預金口座が満たされていく。そのエネルギーの預金口座が62年の歳月という結果になっているのです。

対価はそのエネルギーの媒体であり、本質はそこではない。
私たちは、お客さまから「仕事」というエネルギーをいただきながら、また別の仕事でエネルギーをお返ししているのであり、そういったエネルギーを循環させるものが「会社」や「プロジェクト」なのだろうと思うのです。

残念ながら会社の預金口座はいつも枯渇気味なのですが(笑)、エネルギーの預金口座が満ちあふれ、たくさんのエネルギーをお渡しできるようにしたい。
それこそが私たちの存在意義になるはず。

すでに新年度が始まっていますが、今後の指針を得られたようで、気持ちもあらたに進んで行けそうです。

-----------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
ご相談、お問い合わせにもご利用ください。
↓↓こちらのQRコードから友達登録できます↓↓
LINE@ スナダ石材


┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└─────────────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
  ────────────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
  http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
  ────────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
  http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
  ────────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
└「墓じまい」「改葬のご用命も承っております。
      http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

【富山市M様】店の前を通ったときに印象に残った展示墓をご建立

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

M様
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

「おわたまし」(墓前法要)の意味と意義

先日、懇意にしている浄土真宗のご住職が墓前法要について、こうおっしゃっていました。「浄土真宗では、お墓...

[ 墓石について、よくある質問 ]

そのこだわりは誰のため?お墓づくりでぶち当たる「自我」について
イメージ

お墓にもいろいろなデザインやカタチ、石種が登場し、各人がそれぞれ自分たちの「こだわり」を表現できるよう...

[ お墓は「生き方」 ]

【親戚もびっくり!】建て直さなくても、うちのお墓はまだまだ大切にできる!
イメージ

こんにちは!お墓のまもりびとの味方、スナダマンです。今回は、群馬県にお住まいの方からご依頼があった...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ