コラム

 公開日: 2018-06-12  最終更新日: 2018-06-16

お金が先か、お墓が先か問題



「よーく考えよー。お金は大事だよー。」
こんなフレーズが流行ったことがありますが、今日はお墓とお金の大事な論点について考えてみたいと思います。

お墓のお金は誰が出す?

家庭によりけりですが、一番多いのが建立者となる方ですね。

もし、ごく普通の一般の家族が生前に建てるお墓であれば、お父さんがお墓のお金を出すことが多いです(実際の財布のヒモを握っているのはお母さんだとしても)。

そして、お父さん(お母さん)が亡くなったのでお墓を建てるということであれば、その配偶者の方がお金を出す。

これが基本形ですが、時には、そのお墓にいずれ一緒に入るであろう子どもも、お墓の建立費用を出す場合があります。
その割合は、8:2だったり、7:3だったり、それ以上だったりと様々ですが、どちらかというと若い世代の負担が少ないのが一般的です。

若い世代は、子どもの教育費や家、車のローンなど、働きざかりではあっても、今後の長い人生にお金がいくらあっても足りない状況であるため、将来的にそのお墓に自分たちが入ることがわかっていても、その先が長いので、お墓のお金まで手が回らないのが現状だと思います。

では、子世代よりもお金がかからない、ましてや独り身となった親ならば、経費もたかが知れていると、ポーンと全額出せるかと言えば、親にも親側の事情があるんですよね。

人生100年問題

それは、寿命が延びていること。
老後が延びてきていることで、親側もお金の重要性が高くなっているのです。

これからの人生にいくら必要になるのか、いくら蓄えておかなければいけないか。
しかも稼ぐ力は年々落ちるので、ある意味では、子世代よりも危機感を持っている可能性があります。

別世帯がもたらしたお金の問題

しかし、これが同居をしているのであれば、家計もお互いに協力し合う体制がすでにできていることもあり、あまりお墓のお金でモメることはないという印象ですが、別世帯になっている場合は、どうしても話し合いが一方通行になりがちです。

世帯は別なのにお墓は一緒、ということが話をややこしくしているのかもしれません。

とはいえ、お墓を建てずに、それぞれ別々で埋葬した方がお金の話もしなくて良いし、安上がるんじゃないかというと、そうとも言いきれません。

すぐに合葬してしまうのであれば、たしかに費用は安くすみますが、顔の知らない先祖ならともかく、産み育ててくれた両親をすぐに合葬できる人は実はそう多くありません。

お墓に手を合わせて親を供養していくといった慣習が受け継がれているため、すぐに他の誰とも知らない亡骸とともに合葬することに逡巡する方が多いのが現状です。

また、富山のお墓であれば小さくても5個、一般的な大きさであれば7個の骨壷が納骨できるので、平均的なお墓であれば、一人につき20~30万円平均の計算になります。

10個以上の骨壷が入っているお墓もありますし、お骨をまとめていけば、小さなお墓でも5体以上のお骨を納めることはとうぜん可能なので、さらに一人単価が下がる計算になるでしょう。

もちろん、その後のお墓参りも一ヶ所で済むので、お墓が家族一同が集結する場となること、また先祖からの繋がりを教えられる場となることは言わずもがなです。

まとめ

家族の構成が変わり、別世帯で生計を営んでいるのにお墓は同居という、現代の私たちが直面するお墓とお金の問題。

結論としては、
「よーく考えよう。お墓もお金も大事だよー。」
になってしまいますが、その家庭、その家族がお墓とお金について、よくよく考えていくための整理のポイントになれば幸いです。


-----------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
ご相談、お問い合わせにもご利用ください。
↓↓こちらのリンクから友達登録できます↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40kgg2249p




┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└───────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
─────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
└「墓じまい」「改葬のご用命も承っております。
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ほかの墓参者をも惹き寄せる「世界に一つだけの両家墓」

Q1.お墓を建てるにあたり、どのようなことで悩まれましたか?...

岡田浩子
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

【お墓だって年をとる!】墓石のコンクリートのひび割れにお化粧対策in富山県射水市
イメージ

20年前に墓石の上の竿石だけをリフォームしたお客さまからご連絡がありました。内容は、「コンクリートのひび...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

「墓地」は「神社」に勝てないのか問題
イメージ

先日、同業者のセミナーが金沢で開催されたので、そちらに参加してきました。そこで、「お墓はパワースポットで...

[ お墓 デザイン 装飾 美 ]

お墓の家紋は「日本的ボタニカルアート」!?
イメージ

最近、目に、耳にするようになった言葉に「ボタニカル」というのがあります。「ボタニカルシャンプー/トリートメ...

[ 墓石の彫刻 家紋 花 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ