コラム

 公開日: 2018-06-22 

そのこだわりは誰のため?お墓づくりでぶち当たる「自我」について



お墓にもいろいろなデザインやカタチ、石種が登場し、各人がそれぞれ自分たちの「こだわり」を表現できるようになりました。
見た目だけでなく、見えない部分の構造にこだわる方も、ひと昔前に比べると増えてきています。

そこで、ふと思ったことがあります。
それはその「こだわり」の起因が、「自分自身」になっているケースが増えてきているのではないか。
そしてこの現象こそ、「昔の人」と「現代人」との大きな違いなんじゃないか、ということです。

「自我」>「亡き人への想い」

お墓は、亡き人が眠る場所であると同時に、今生きている人が故人を偲ぶ場所でもあります。
同じ家族の住み処で考えると、家が100%生きている人たちのための場所として存在しているのに対し、この終の住処のお墓は、50%が亡き人のために存在し、残り50%が「私」のための存在といえます。

そのため、そのお墓に自分の想いを投影しようと考え、それが「こだわり」となってカタチになります。

ただし、そのこだわりを突き詰めていくと、100%自我が表出している、といえなくもないときがあります。

家を建てるときに、ただ自分のこだわり一点張りで考えることは、そうないんじゃないかと思います。
他の家族のことを考え、それでも余裕があれば自分のこだわりの部分を作るかもしれませんが、自分一人の家でない限り、それを全面に押し出して主張することはないはずです。

しかし、ことお墓に関しては、それが可能になります。

たとえば、故人が「小さいお墓でも良いから、墓を建ててほしい」と言って旅立ったとします。
この場合は、お墓が小さいか大きいか、石種がどうかこうか、カタチがどうだ、について言及しているのではなく、「自分が安心して眠る場所、そしてそこで家族に供養してほしい」願いが第一番にあります。

しかし、これが生きている人の立場になると、「小さいお墓。安いお墓でいいと言って死んだ」と変換されてしまうのです(笑)
ようするに、亡き人はお墓という「場所」について言及していたのに、生きている人はそれを「モノ」と「カネ」に変換し、それを起点に考えるようになってしまうのです。

そうなるのは当然のことでしょう。
もしかしたら、そう仕向けてしまったのは、私たち業者側かもしれません。

また、故人を偲ぶためにお墓にこだわる場合もあります。
それ自体はなんの問題もないですし、そのこだわりの部分にしっかり応えられるのかが、石屋の腕の見せどころになるのですが、それが行き過ぎてしまい、そこに完全無欠の精度を求めるようになる人もいます。

もともとは、「故人を偲ぶためのこだわり」だったのに、「これが私のこだわり」になってしまっていることに、気がついていないのです。

仏塔だったころのお墓と現代のお墓の違い

昔、まだお墓が仏塔として、人々にとってもっと宗教的な存在として受け入れられていたとき、現在「こだわり」とされる「個人の思い入れ」は、宗教が受け入れていたのかもしれません。

宇宙をかたちづくる五大思想を元に作られた、室町時代から江戸時代のお墓の基本形である五輪塔は、まさにその「こだわり」を宗教的意味合いで昇華したものでありました。

豊国廟 wikipediaより

しかし現代のお墓は、宗教的意味合いが薄れてきて、個人のこだわりを反映するためには、「モノ」にこだわるしか手段がなくなってしまいました。

そして、私たち石屋はそれを言わば後押ししてきた部分があるのです。

まとめ

世の中が変わっていくことは、別に悪いことではありません。
ただ、どう変わってきているのか。何が変わったのか。また、何が失われたのかについては、しっかり認識しておきたいのです。

現代人とお墓という部分でみると、昔は宗教が担っていた「個人の思い入れ」が、宗教に代わって、業者がその思い入れをカタチにすることで昇華している部分があること。

そして、宗教が担っていたからこそ昇華できた「自我(個人)」は、業者が担うことによってますます誇大化してきて、お墓は亡き人の場所であるよりも、生者の場所になりつつあること。

そうなってきたことで、お墓づくりが幸せなことではなくなってしまっていないだろうか。
人目を気にしすぎる風潮をつくっていないだろうか。
少なくとも私は、それらのことに自覚的でいなければと思うのでした。
----------------------
【メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子と「LINE@」でトークできます!!】
クーポン券、オリジナルニュースレター公開など、「LINE@」限定のサービスがあるので、ぜひご登録ください☆
ご相談、お問い合わせにもご利用ください。
↓↓こちらのリンクから友達登録できます↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40kgg2249p

┌─富山県にてお墓を建てる方へ
└───────────────────────────
 ◇お墓の正しい知識をご案内します。
  └お墓を購入される前に知っておいた方が良いこと。
  http://www.e-isiyasan.com/message/index.html
─────────────────────────
◇建てかえるまでもないが、生じた傷みを直したい!方へ  
  └墓石の細かい補修・お墓リフォーム・墓石クリーニングも承っております。
http://www.e-isiyasan.com/cleaning/index.html
────────────────────────────
◇お客様からいただいた感想をご紹介いたします。
  └お客様からいただく声を一部ではありますが、ご覧ください。
http://www.e-isiyasan.com/voice/index.html
────────────────────────────
◇1956年創業 「お墓のまもりびと」をサポートする墓石専門店
└「墓じまい」「改葬のご用命も承っております。
http://www.mamoribito-toyama.com/

この記事を書いたプロ

株式会社スナダ石材 [ホームページ]

石職人 砂田嘉寿子

富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL:076-427-1160

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

亡き夫の誕生日プレゼントに娘から、墓石クリーニングのプレゼント

Q1.お墓のクリーニングを依頼する前、どのようなことで悩んで...

富山県射水市 H様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

「おわたまし」(墓前法要)の意味と意義

先日、懇意にしている浄土真宗のご住職が墓前法要について、こうおっしゃっていました。「浄土真宗では、お墓...

[ 墓石について、よくある質問 ]

【親戚もびっくり!】建て直さなくても、うちのお墓はまだまだ大切にできる!
イメージ

こんにちは!お墓のまもりびとの味方、スナダマンです。今回は、群馬県にお住まいの方からご依頼があった...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

【お墓だって年をとる!】墓石のコンクリートのひび割れにお化粧対策in富山県射水市
イメージ

20年前に墓石の上の竿石だけをリフォームしたお客さまからご連絡がありました。内容は、「コンクリートのひび...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ