>   >   >   >   >   >  映画を見れば「お墓」がわかる!

コラム一覧 :映画を見れば「お墓」がわかる!

1件~13件(13件)

【海街ダイアリー】母娘の確執にはお墓参りが有効!

イメージ

「この映画を見よう!」と決めていたのに、いつの間にか公開が終了していた、なんてことありませんか。そのひとつである『海街ダイアリー』。と言いつつも、ついこの間までこの映画の存在をすっかり忘れていました^^;しかし、先日BSで放送されていたのを見ることができました!主人... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2018-04-06

「石を継ぐ者」  おんな城主直虎・最終話より

イメージ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さて年末のお楽しみといえば、大河ドラマの総集編です。今回の「おんな城主直虎」は、途中の放送を見逃してしまっていたごので、この総集編を楽しみにしていました♪その最終話「石を継ぐ者」。「石を継ぐ者」といえ... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2018-01-02

映画「沈黙」をみてわかったカタチある物を拠り所にしてきた日本人

イメージ

映画「ラ・ラ・ランド」を観た人たちが踊りだしそうになっている今、私の心はまったく違う方向を向いています。それは、巨匠マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙-サイレンス-」を観たことにより、答えの出ない問いを自分に向け続けているからかもしれません。ご覧になった方も多いと... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2017-03-08

夏目漱石のお墓観からみる「愛の考察」

イメージ

2016年は、文豪・夏目漱石の没後100年という年でした。夏目漱石の作品で読んだことがあるのは「こころ」くらいで、たぶん読了してない記憶が…。ということで、図書館で見つけたそれほど分厚くない岩波文庫の「坊ちゃん」を手にとり、読了しました!漱石の作品には、彼自身の幼少期の親... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2017-01-21

「石は祈りの象徴」というのは世界共通認識!「映画・顔のないヒトラーたち」を観て

イメージ

今年はかなり暑くなるらしいです…。あ~、半袖になる前に痩せないとと思いながら、納骨法要でいただいたお饅頭の食べ比べをしている、富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。先日、DVDを借りて観たのが、あのアウシュビッツでの虐殺を世に知らしめること... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-05-20

【死ぬ気ですか!?】映画「殿、利息でござる!」の主役が眠る夫婦墓

イメージ

こんにちは!富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。最近分かったのですが、「歴史もの」の映画では、結構な頻度で「お墓」とそれにつながる「祈り」や「石」のシーンが出てくることが判明。ということで、なるべくそういう映画を観るようにすれば、必然... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-05-18

【映画「タイタニック」】沈没事故から104年。名もなき人々の墓 編

イメージ

こんにちは☆レオナルド・ディカプリオと同年齢、しかも同じさそり座生まれの砂田嘉寿子です。映画「タイタニック」の主役を演じ、スターの仲間入りを果たしたレオ様が、今年のアカデミー賞で悲願の主演男優賞を獲得したというニュースが駆け巡ったのはついこないだのこと。ちなにみ「タイタ... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-04-28

「映画ドラえもん」は、どんだけ「石」好きやねん!?の巻

イメージ

「ぼく、ドラえもん!」じゃなかった、富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。先日の映画の日(4/1)に観た映画ドラえもん『新・のび太の日本誕生』。最近では映画を観ると、このテーマ【映画に現れる「お墓」、「祈り、「石」】に関連することはない... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-04-02

【火星にひとりぼっち】「宇宙葬」は映画「オデッセイ」を観てから考えよう!

イメージ

映画に現れる各地の「お墓」シリーズ、まだ3本目だというのに、ついにその地は成層圏にまで突入いたしました!今回のお題は絶賛上映中の映画「オデッセイ」。あのマット・デイモンがまたまた宇宙に取り残される役(注:映画「インターステラ―」)を演じています。前回の「インターステラ―... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-03-14

【007 スぺクターの舞台裏!】墓地と墓:イタリアと日本の違い

イメージ

「いや~、映画ってほんとに勉強になりますね」富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー・砂田嘉寿子が、あの水野春朗さんバリに映画に出てくる「お墓」について解説しようというコーナーの第二作目は「007 スぺクター」です!もちろん観ましたよね?え?まだ観てない!?そ... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-03-03

「黄金のアデーレ」に見るアメリカのお墓と忘れてはいけない歴史 編

イメージ

こんにちは。富山の墓石専門店㈱スナダ石材のメモリアルアドバイザー、砂田嘉寿子です。趣味の一つである「映画鑑賞」。映画によっては、葬儀やお墓、墓地のシーンというのが少なからず登場します。外国映画であれば、その土地の葬送スタイルが観れるという、またとないチャンスなわけです... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2016-02-13

歴史を物語る灯篭の存在。実はカモフラージュだった!? ~大本営地下壕公開より~

イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材の墓石アドバイザー、砂田嘉寿子です。おととい気になるニュースが目に入ってきました。「戦後70年。大本営地下壕を防衛省が公開」ちょうど8月号のニューズレター「さざれ石通信」の著名人のお墓コーナーに、「阿南惟幾陸相の墓」を載せた... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2015-08-12

映画ドラえもんに描かれた石と祈りと人間の強さ

イメージ

こんにちは☆富山の墓石専門店㈱スナダ石材 墓石アドバイザー 砂田嘉寿子です。先日、子供達と一緒にドラえもんの映画「新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」を観てきました。映画をこれから観られる予定の方は、この先はネタばれご注意です(笑)夏休み、ドラえもんにお願... 続きを読む

映画を見れば「お墓」がわかる!

2014-03-27

1件~13件(13件)

RSS
とやまシニアライフ応援団
終末期医療 在宅介護

第1部 10:00~40 ハッピーエンディングカード体験相続、介護、終末医療、退職金活用、葬儀・お墓・セカンドライフ・・どこまで準備できているのか、これか...

まもりびと
墓守

「あなたもわたしも いつかは まもりびと」大切なご両親、最愛のパートナー、愛しいわが子が眠るお墓を守るひと。また、ふるさとから遠く離れた場所で、故郷の墓を...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
砂田嘉寿子 すなだかずこ

デザイン墓石で想いをかたちにするお墓づくりをサポート(1/3)

 スナダ石材は“想いをかたちにするお墓づくり”をモットーに掲げ、施主の要望に応えるオリジナルデザインの墓石を数多く手掛けています。メモリアルアドバイザーの砂田嘉寿子さんは「お墓づくりは個人と家族の時間に想いを寄せるきっかけにもなります。自分...

砂田嘉寿子プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

今あるお墓のリフォーム、改葬・墓じまいについての悩み解消

会社名 : 株式会社スナダ石材
住所 : 富山県富山市西二俣612 [地図]
TEL : 076-427-1160

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-427-1160

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

砂田嘉寿子(すなだかずこ)

株式会社スナダ石材

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

イメージ通り,見積もりどおりの、いつでも行ってみたい素敵なお墓に仕上がりました。

新聞でお墓の説明会があるのを知って聴講した時初めてスナダ...

大島
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
こんなWebマガジンがあってもいいかもしれない。
イメージ

こんな感じのコンテンツで、「Webマガジン」を作りたいなと考えています。実はすでに一年以上前から、新し...

[ 店舗情報 ]

「おわたまし」(墓前法要)の意味と意義

先日、懇意にしている浄土真宗のご住職が墓前法要について、こうおっしゃっていました。「浄土真宗では、お墓...

[ 墓石について、よくある質問 ]

そのこだわりは誰のため?お墓づくりでぶち当たる「自我」について
イメージ

お墓にもいろいろなデザインやカタチ、石種が登場し、各人がそれぞれ自分たちの「こだわり」を表現できるよう...

[ お墓は「生き方」 ]

【親戚もびっくり!】建て直さなくても、うちのお墓はまだまだ大切にできる!
イメージ

こんにちは!お墓のまもりびとの味方、スナダマンです。今回は、群馬県にお住まいの方からご依頼があった...

[ 墓石クリーニング 墓石リフォーム 施行例 ]

児童虐待からお墓まで。家族と社会のあり方をどう更新していくのか
イメージ

児童虐待が大きな社会問題となってきている現代ですが、この問題を「家族」のテーマで考えていくと、私たちが...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ