コラム

 公開日: 2011-10-25  最終更新日: 2014-06-04

敏秀日記 ◇◇ 「国語ってどうやって勉強したらいいんですか?」 ◇◇

10月 24日(霜降)



高校生からしばしば
「国語の成績が上がらないのですが、どうやって勉強したらいいんですか?」と質問されます。
国語の勉強をあまりしない生徒ほど、このような質問をしてきますね。

そこで私はこう答えます。

まず、古文・漢文は現代日本語ではないので、外国語と思ってまず知識を注入すること。
一定の文法・単語などをしっかり覚えてしまうこと。
それを武器にそれぞれの文章を読解して応用力をつけていくこと。

地道な学習が必要ですね。

では、現代文の場合はどうでしょうか。
学校の成績はいいけど模試になると悪くなる生徒がかなりいます。
学校のテストの場合は同じ文章が試験に出ますから、答えを覚えているということが多いですね。
そもそも学校の国語の授業は表現を味わったり、自分がどう思うかを表現したりと
文章の主観的な鑑賞が中心になります。

一方で模試や入試問題の答えは一つしかありません。
ですから初見の文章が出題される模試の勉強は、問題集で行うことになります。
学習塾で指導する国語も、一つの答えを導き出すための客観的な方法の指導になります。

テストの国語の問題を解くときにまず考えなくてはならないことは、
問題を作成したのは著者ではなく、出題者だということです。

出題者と解答者は、著者の素材文を間に挟んで対話をしているという構図になります。

解答者は、出題者の意図をいかに見抜くかということに尽きます。

出題者が尋ねたいことは、まず文章の部分の文脈が理解されているか、
もう一つは全体の主張が理解されているかです。

部分を問う問題は、一つの意味段落ごとに必ず傍線部をつけて説明や理由を求めてきます。
全体を問う問題は、傍線部なしで結論が何であるかを尋ねてきます。

それに対して解答者は、まず部分を問う問題では指示語や接続語に注意して文脈を読み取ること。
また全体を問う問題では、
序論・本論・結論に仕分けして結論の段落から筆者の主張を導き出す力が求められます。
出題者が試してくる選択肢に負けないように、
本文に線を引いて答えの「証拠集め作業」をすることです。



結論:現代文は、出題者と格闘する力を身につけるため、トレーニングが必要な教科です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

わかば会では、ただいま2学期のご案内をしております。

3つのスタイル
ーー個別授業 ・ 一斉授業 ・ 動画授業ーーから
自分に合ったスタイルをお選びください。
組み合わせての受講も、もちろん可能です。


『個別指導』は、無駄なく、効率的です。
  今、困っていることから スタートできます。
  受講希望教科・科目と、ご希望の一週間の授業回数を決め、
  ご都合のよい曜日と時間帯をお選び下さい。
    http://www.wakaba-kai.co.jp/ko-su/kobetsu-index.htm


高3《大学受験生ゼミ 》(一斉授業)
  少人数(定員10名)の一斉授業です。
  英・数・国・物・化を開講。受験のツボを伝授します。
  1講座 2学期授業回数は15回 (1回 100分)
    http://www.wakaba-kai.co.jp/ko-su/index-jk.htm

  
「Neo Study (ネオスタディ)」 (映像授業)
  大手予備校の映像授業です。
  中1から高3までの講座がインターネット経由で提供されます。
  映像授業なので、速習・先取り学習・復習など様々に対応。
  わかば会発行のID・パスワードにより、
  塾内・家庭でも視聴できます。
    http://www.wakaba-kai.co.jp/ko-su/index-neo.htm


  北日本新聞社 『webun くらし情報』 から、動画情報も発信しています。 
   http://webun.jp/movie/life/1894
     (1年ほど前の動画ですが・・・)


     (上のわかば会のロゴマークを盛り込んだイラストは、生徒に描いてもらったものです。)

     (筆者のご紹介はこちらから・・・http://pro.mbp-toyama.com/juku-wakabakai/column/83

この記事を書いたプロ

学習相談室 わかば会 [ホームページ]

塾講師 安田廣志

富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL:0120-67-1355

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
大学合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?受験は長い長い自分との戦いでした。私は、家にいるとマンガやテレビの誘惑に負けてしまい勉強ができなかったので、3年の春頃に「...

高校合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?自分にとって「受験」とは全くの未知なるもので、不安や恐怖はあまりありませんでしたが、万が一にも落ちないように、苦手を徹底...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
高校・大学受験対策指導のプロ、安田廣志(やすだひろし)さん

卒業生600人余り。その子のためだけのオーダーメイドな個別指導で、志望校合格をかなえる。(1/3)

 富山駅から歩いて2分。扉を開けると進学塾のイメージとは一風違う、アットホームな空間が広がります。高校・大学受験の個別指導塾「わかば会」です。穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、代表の安田廣志さん。 今年で設立18年目のわかば会。昔から教え...

安田廣志プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

大学受験生・高校受験生の指導

会社名 : 学習相談室 わかば会
住所 : 富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL : 0120-67-1355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-67-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田廣志(やすだひろし)

学習相談室 わかば会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

わかば会の雰囲気がとても好きでした。

安田先生、宮垣先生をはじめ、わかば会の先生方は優しくて、 ...

M Y
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
富大入試の解答例を作成しました。
イメージ

県立高校の発表は今月の16日、あと少しで春です。昨日は、富山大学後期試験が行われました。わかば会では、そ...

夏期講習会は、どんなところで勉強するの?
イメージ

今年も暑い夏が巡ってきました。わかば会の「熱い」夏期講習会が始まります。それでは、わかば会自慢の4つの...

北日本新聞社の取材を受けました。
イメージ

昨今の”塾事情”として、北日本新聞社の取材を受けました。24日(日曜日)に新聞に掲載されました。わかば会は...

体験授業を受けてみませんか。
イメージ

いよいよ夏期講習会です。 他の塾さんに比べ、遅くなりましたが、 本日の北日本新聞に、下記の広告を掲載...

高校3年生の夏
イメージ

もうすぐ夏休みです。「いつ勉強するの?」「今でしょ!」部活を引退し、期末テストも終わり、あとは受験勉...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ