コラム

2012-05-16

☆★☆★実践的「物理」克服法☆★☆★ 

5月15日(火曜日)

物理は、高校の科目の中では嫌われているものの一つかと思います。
かくいう私も、高校時代はあまり好きではありませんでした。

しかし、大学・大学院では物理を学び、高校で物理を教え、
こうして今、塾では数学と物理を教えています。
なぜ克服することができたのかを語ることは、物理の学習に悩んでいる方に
少しは役に立つのかも知れないと思っています。

ただし、物理の教科書を読まずに、「わからない」「できない」とぼやいている人には
少し不向きな内容となっています。
「なんとか教科書内容はわかり、公式は知っている。
でも、初見の問題を見ると何をどう考えていいのか見当がつかなくなる。」
という人のことをイメージしながら書いていきます。

物理は、覚えなければならない公式はそれほど多くはありません。
それだけに、それらの公式の使い方がかえって様々に多くあるように思え、
その使われ方が同じでないように感じて、難しく感じさせられているように思います。

それを乗り越えるには、まずは問題文をじっくり読みそこから学び取る姿勢が大事です。

  『 問題を読む ⇒ 何が起こっているのかを知る
  ⇒ どの物理的数値がどう変化している(していない)かを知る
      ⇒ 公式を思い出し立式する ⇒ 計算する ⇒ 答えを求める 』

というような一連の流れを身につけることが目標となります。

『』に述べた前半部分では、読解力というか問題文を読み取る文脈力が必要です。
始めに設定されていた状況が、どう変わり、何が付け加えられ、
あるいは、どのような条件が無くなったのかを読み取らねばなりません。

次に、公式や保存則を思い出しつつ、これまで解いた問題の解答の流れを
「あ!そうだ、あの時は、こうなったのだから・・・、今は・・」
という具合に思い出さなければなりません。

最後の段階では、導いた数式を変形し、結果を出す計算力が必要となります。

物理の問題を解くという流れはこのようなものなので、
苦手克服は、
どのようにしてこの流れを自分に身に付けさせれるかどうかにかかっています。
その対策の実践的手法は、実際に問題を解いて経験を積むことです。

ここしばらく、理科離れが指摘され、そのせいもあるのかもしれませんが、
各大学の入試問題の作られ方が大変丁寧になってきているように思います。

上に掲載した画像はある大学の入試問題です。
中堅の大学の入試問題は、状況や背景を細かく分けて設定していきます。
その設定ごとに小問の数をつくり、考察すべき物理的な要素が変化していきます。
問題を解くものに大変親切になっています。

問題文を読み、自ら物理的事象を捕まえて答えていくことが試験です。
しかし、このような小問が多い問題は、
その考え方の流れをすでに決めていてくれているわけです。
だから考えやすく、その流れに従い考えていくと、
物理の授業を受け物理的考え方を学んでいる事と同じになっています。
なるほど、物理というのはそんな風に考えていくのかという具合に。

まずはそれほど偏差値が高くはない中堅どころの大学の、
なるべく小問の数が多い入試問題を選びます。
そして、その問題の解説書を作るつもりで、丁寧に解答していきます。

ノートの左ページに問題のコピーを貼って、
右ページには、その問題を考えるときの基本の公式、考え方を書きます。
さらに、今、何を求めようとしているのかを言葉で、文章で書きます。

「全国大学入試問題正解」の幾分不親切な解答の行間を埋めていくつもりで
解説を書いていくというイメージでしょうか。
「なぜ」「どうして」という疑問に答えつつ、書き留めていくのです。

あまりできがよろしくない自分のために、問題の解説書を作っていると
思えばいいのではないでしょうか。
(むかしむかし、できの悪い私はこうして物理嫌いを克服しました。)

この経験を積むほどに、自分に物理的取り組み方が身についてきます。
さらには、あまり多くない物理の公式や保存則などの考え方と
繰り返し接することにもなります。

その経験が、だんだんと物理嫌いを克服させてくれるのです。

どのような問題を選んでいいかわからないときや、
解答していてその流れが見えなくなった時は、どうぞ塾に来て相談してください。

物理には、「力学」「波動」「電磁気」「熱力学」の分野があります。
(「原子」もありますがあまり出題されていません。)
まずは「力学」で20~30題、「波動」で10題前後を目標に取り組んでみませんか。
つづいて、「電磁気」で20題、「熱力学」で10題は、夏休みがいいでしょう。

これらが終わると「なんか、俺、物理が分かってきた。」となります。

多くの物理の問題の解説書は、上で述べたこのような観点で書かれています。
まだ持時間が多い今こそ、物理嫌いを克服してみてはいかがでしょうか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    3つのスタイル
     ーー 個別授業 ・ 一斉授業 ・ 動画授業 ーー から
     自分に合ったスタイルをお選びください。
     組み合わせての受講も、もちろん可能です。
    
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         『個別指導』(小・中・高生対象)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    
    個別の指導は、無駄なく、効率的です。
    今、あなたが困っていることから スタートできます。
    受験に向けての苦手克服、課題(宿題)の質問、これまでの復習、これからの予習など。
    受講希望教科・科目と、ご希望の一週間の授業回数を決め、
     ご都合のよい曜日と時間帯をお選び下さい。
    あなたが、勉強で助けてほしいことにお応えします    
            http://www.wakaba-kai.co.jp/ko-su/kobetsu-index.htm
    
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        『受験生ゼミ』(高校3年・2年生対象の一斉授業)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      
     少人数(定員10名)の一斉授業です。
      ① 高3大学受験生ゼミ・・・
          英・数・国・物・化を開講。
          1学期は、まず基礎を押さえ、受験のツボを伝授します。
      ② 難関大学志望者向け数学の受験生ゼミ・・・
          『ガロアⅡ』(高2)ⅠAⅡB文理共通数学
          『ガロアⅢ』(高3)ⅢCを含む理系数学
          数学が好きな生徒・得意な生徒の参加を待っています。
          4月から新年度版がスタートします。
            http://www.wakaba-kai.co.jp/ko-su/index-jk.htm

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       『ネオスタディ』(中学生・高校生対象)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       
    大手予備校の映像授業です。
    全国的に知られた受験指導のプロたちの授業です。
    中1から高3までの講座がインターネットで提供されます。
    映像授業なので、速習・先取り学習・復習など様々に対応。
    一気に視るもよし、繰り返し視るもよし、あなたに合った仕方で受講してください。
    わかば会発行のID・パスワードにより、塾内・家庭でも視聴できます。
                        http://www.neo-study.jp/    

(● ’0 ’●)/
連絡は
0120-67-1355
076-432-1355

見学・体験のご連絡をお待ちしています。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

http://www.wakaba-kai.co.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事を書いたプロ

学習相談室 わかば会 [ホームページ]

塾講師 安田廣志

富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL:0120-67-1355

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
大学合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?受験は長い長い自分との戦いでした。私は、家にいるとマンガやテレビの誘惑に負けてしまい勉強ができなかったので、3年の春頃に「...

高校合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?自分にとって「受験」とは全くの未知なるもので、不安や恐怖はあまりありませんでしたが、万が一にも落ちないように、苦手を徹底...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
高校・大学受験対策指導のプロ、安田廣志(やすだひろし)さん

卒業生600人余り。その子のためだけのオーダーメイドな個別指導で、志望校合格をかなえる。(1/3)

 富山駅から歩いて2分。扉を開けると進学塾のイメージとは一風違う、アットホームな空間が広がります。高校・大学受験の個別指導塾「わかば会」です。穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、代表の安田廣志さん。 今年で設立18年目のわかば会。昔から教え...

安田廣志プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

大学受験生・高校受験生の指導

会社名 : 学習相談室 わかば会
住所 : 富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL : 0120-67-1355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-67-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田廣志(やすだひろし)

学習相談室 わかば会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

わかば会の雰囲気がとても好きでした。

安田先生、宮垣先生をはじめ、わかば会の先生方は優しくて、 ...

M Y
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
富大入試の解答例を作成しました。
イメージ

県立高校の発表は今月の16日、あと少しで春です。昨日は、富山大学後期試験が行われました。わかば会では、そ...

夏期講習会は、どんなところで勉強するの?
イメージ

今年も暑い夏が巡ってきました。わかば会の「熱い」夏期講習会が始まります。それでは、わかば会自慢の4つの...

北日本新聞社の取材を受けました。
イメージ

昨今の”塾事情”として、北日本新聞社の取材を受けました。24日(日曜日)に新聞に掲載されました。わかば会は...

体験授業を受けてみませんか。
イメージ

いよいよ夏期講習会です。 他の塾さんに比べ、遅くなりましたが、 本日の北日本新聞に、下記の広告を掲載...

高校3年生の夏
イメージ

もうすぐ夏休みです。「いつ勉強するの?」「今でしょ!」部活を引退し、期末テストも終わり、あとは受験勉...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ