コラム

 公開日: 2013-03-18  最終更新日: 2014-06-04

東京大学に合格したS君のこと。(その2)

わかば会で指導していた生徒が、久しぶりに東大に合格しました。
「個別指導」という塾の特殊性から、大変身近に生徒と接することができたこともあり、
彼を通して、どんな生徒が東大に合格できたのか、考えてみたいと思います。

前回の(その1)では、入試に対する彼の戦略と、数学における戦術を述べました。
    http://mbp-toyama.com/juku-wakabakai/column/2792/
ここでは引き続き、戦術面から見える英語の学習法と、勉強に対するスタイルを述べてみます。

【次に英語では、】
個別指導では、3年生の1学期までは主に学校の教材や課題を指導していました。
また、2学期からは、東大の過去問を出題形式別に指導しました。
時折東大で出題される問題形式を意識して、添削指導も取り入れていました。
それは、わかば会が強制したのではなく、自分から我々スタッフに要求してきました。

授業では、わからない所を質問し、教えてもらうというよりはむしろ、
わかば会のスタッフを利用して、自分の頭の中の知識をまとめていくという感じでした。

そのことは、たとえば英単語の学習に如実に現れています。

2年生の3学期から前期試験直前まで、
「個別指導」では、毎週欠かさず英語の授業の始まりは、単語テストを行います。

彼は他の生徒と違い、単に正解に丸を付けるだけでなく、
一つ一つの単語に関してその都度、類義語や反義語や派生語なども講師に確認してきました。

そして以前に習った単語を記憶の中から呼び戻し、新しい単語と関連付けて記憶しようとしていました。
絶えず彼の頭の中では、そのような編集作業が行われていたようです。

また、1度確認した知識は、めったに忘れ去られることはないように見えました。

このような頭の働き方は、他の教科の時も同様だったのではないでしょうか。

<彼の勉強スタイル>
自宅ではあまり勉強できないらしく、3年生になってからは、
毎日のようにわかば会の自習室に来て勉強していました。

自習室では、同じ大学を目指す友達もいて切磋琢磨できたのでしょう。
ある意味ではライバルでもある友人の存在は、大きいものがあったと思います。

また、勉強以外では適当に息抜きもしていたようです。(特にゲームがそうでした。)
その気晴らしで時間を奪われたことが、逆に勉強の集中力を上げたのかもしれません。
あまりスランプはなかったように私たちには思われました。

表面的には、いつも気分よく飄々とし、余裕があるように見えました。
ゴールから逆算して、着実にやるべきことをやっていったせいかも知れません。

教材も特殊なものを使用してはいません。ごく、普通のオーソドックスなものです。
ただ、ひとつの教材を自分の納得いくまで理解したり、反復したりしていました。

丁寧にノートを取ったりするよりは、何よりも理解と記憶を重んじていたようでした。
そしてそれができるように、わかば会の授業を利用していました。 

結局、彼が行ったことを思うと、そこになんら特殊なことはなく、
塾という存在を、受験勉強の中で、とことん”利用した”と、思えるのです。
そしてそのことが、
塾というものの可能性を広げてくれたと、私たちスタッフは感謝しています。

この記事を書いたプロ

学習相談室 わかば会 [ホームページ]

塾講師 安田廣志

富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL:0120-67-1355

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
大学合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?受験は長い長い自分との戦いでした。私は、家にいるとマンガやテレビの誘惑に負けてしまい勉強ができなかったので、3年の春頃に「...

高校合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?自分にとって「受験」とは全くの未知なるもので、不安や恐怖はあまりありませんでしたが、万が一にも落ちないように、苦手を徹底...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
高校・大学受験対策指導のプロ、安田廣志(やすだひろし)さん

卒業生600人余り。その子のためだけのオーダーメイドな個別指導で、志望校合格をかなえる。(1/3)

 富山駅から歩いて2分。扉を開けると進学塾のイメージとは一風違う、アットホームな空間が広がります。高校・大学受験の個別指導塾「わかば会」です。穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、代表の安田廣志さん。 今年で設立18年目のわかば会。昔から教え...

安田廣志プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

大学受験生・高校受験生の指導

会社名 : 学習相談室 わかば会
住所 : 富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL : 0120-67-1355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-67-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田廣志(やすだひろし)

学習相談室 わかば会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

質問がしやすく、私が理解できるまで教えてもらえるため、良かったです。

わかば会は、個別指導のため、分からないことがあれば、 質問...

M なつみ
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
富大入試の解答例を作成しました。
イメージ

県立高校の発表は今月の16日、あと少しで春です。昨日は、富山大学後期試験が行われました。わかば会では、そ...

夏期講習会は、どんなところで勉強するの?
イメージ

今年も暑い夏が巡ってきました。わかば会の「熱い」夏期講習会が始まります。それでは、わかば会自慢の4つの...

北日本新聞社の取材を受けました。
イメージ

昨今の”塾事情”として、北日本新聞社の取材を受けました。24日(日曜日)に新聞に掲載されました。わかば会は...

体験授業を受けてみませんか。
イメージ

いよいよ夏期講習会です。 他の塾さんに比べ、遅くなりましたが、 本日の北日本新聞に、下記の広告を掲載...

高校3年生の夏
イメージ

もうすぐ夏休みです。「いつ勉強するの?」「今でしょ!」部活を引退し、期末テストも終わり、あとは受験勉...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ