Q&A(このプロの回答)

英語の長文総合問題
センタークラスの英語は割とコンスタントに9割ほど取れますが、難しい問題には歯がたちません。一通り基礎は身につけたはずですが。。例えば慶応法とかの長文もちんぷんかんぷんで、選択肢も紛らわしいのでまず高得点は望めません。ほかにも超長い文章を出す学校も苦手で途中で息切れします。国語力の問題でしょうか?
投稿日時:2012-01-30 12:55:25
稽古事・資格

安田廣志 やすだひろし

安田廣志の回答

「英語の長文総合問題」質問への回答

質問には次の3つのポイントが含まれていると思いますので、
それに従って回答します。 少し長くなりますが、ご容赦ください。

1.慶応大(法)のような難関私大の長文への対処
2.超長文を出題する大学への対処
3.英語の長文の力がないのは国語力の問題か


回答1(慶応大(法)のような難関私大の長文への対処)

 たしかに慶応大のような難関私大は問題量も多く、しかも問題が高度ですね。
 たとえば法学部では80分で63問出題されていますから、1
 問あたり1分ちょっとしかかけられません。 スピードも要求されます。
 ではどうすれば対処できるでしょうか。

 昨年度の法学部の長文問題をみると、
 問われているのはほとんど部分を問う問題です。
 つまり、文章全体を読んで答えるのでなく、
 特定のパラグラフの中の特定の部分だけを読んで答える問題です。
 それが4択で問われます。この場合要求される力は、文脈力と知識力です。

 文脈力とは、
 論理を導く接続詞や副詞、それと指示語や代名詞を的確に処理できる力です。
 知識力とは、
 センター試験のレベルをはるかに超えた、高度な単語や熟語力のことです。
 また英語の論理の骨格をなす、5文型と語法(品詞)の知識も、
 問題を解く背景としては必須です。

 英文自体はそれほど高度に抽象的なことを述べているわけではありません。
 日本語に訳してみると、ほとんどが具体的な説明文や物語文や対話文です。
 ただ比喩などがからむと表現が難しくなるかもしれませんが。
 文脈力を鍛え、知識力を身につければ点数はアップしますよ。


回答2(超長文を出題する大学への対処)

 まずいきなり文章を読むのではなく、設問を仕分けします。
 つまり、設問を部分を問うものと全体を問うものに分けます。
 まず、部分を問う設問への対処については、上記1の回答を参考にしてください。

 超長文であっても、結局、設問はパラグラフ単位で作られています。
 そして英語の段落は独立性がありますから、
 一つの設問は、一つの段落内で解決されるケースが大半です。

 ですから、長文ととらえず、パラグラフ(短文)がいくつか集まったものととらえて、
 パラグラフごとに問題を処理していくことが有効です。

 次に、全体を問う設問は、内容真偽問題や要約問題という形式になりますね。
 パラグラフの数は相当なものになりますから、
 まず各段落の要点や段落構成をつかむ必要があります。

 それにはパラグラフリーディングが有効です。

 各パラグラフは、3つの構成要素から成り立っています。

 まず、トピックセンテンス(最初の1文)
 次に、サポートセンテンス(理由や具体例でたいてい2文以上)
 最後に、コンクルージョン(結論の最後の1文)

 パラグラフリーディングは、上記の段落構成を背景にして、
 特にトピックセンテンスに注目し、すばやく段落や段落構成を読み取る方法です。
 
 サポートセンテンスやコンクルージョンの部分では、
 接続詞や副詞など論理関係を示す信号語に注目し、
 意味を理解するスピードをアップさせます。

 こんなやり方が要約問題にぴったりだと思います。
 
 また、内容真偽問題については、「キーワード検索」が有効だと思います。
 つまり、たずねられていることや人についての情報のキーワードを、
 文中の特定のパラグラフの中に見つけに行く作業です。


回答3(英語の長文の力がないのは国語力の問題か)

 英語の長文力が足りないのは、国語の長文力と無関係ではありません。
 長文力とは読解力つまり論理力とするならば、
 英語でも国語でも小論文でも同じだからです。
 論理は言語が異なっても共通です。
 論理力とはつまり、次の4つの関係性を読み取る力です。

  1.類比(イコールの関係)
  2.対比(対照・逆接)
  3.因果(原因と結果)
  4.累加(並列関係)

 これらの関係を文と文、段落と段落など、文中の至る所に見つけられる力が読解力です。

 しかし、私立大学の入試は難関大学でも、
 制限時間内で大量の問題をこなすわけですから、
 高度に抽象的な問題を超長文で出題することはまれです。
 せいぜいやや単語や表現が凝った説明文だと思われます。

 一般的には、英語の長文には現代文で問われるような高度な読解力は必要ありません。
 ただし、基礎的な論理力と英語の高度な語彙力は必要ですね。

 もしもっと詳しくお知りになりたければ、
 わかば会(0120-67-1355、076-432-1355)にお電話ください。 

回答日時:2012-02-01

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
大学合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?受験は長い長い自分との戦いでした。私は、家にいるとマンガやテレビの誘惑に負けてしまい勉強ができなかったので、3年の春頃に「...

高校合格者の声

①あなたにとって受験とは何ですか?自分にとって「受験」とは全くの未知なるもので、不安や恐怖はあまりありませんでしたが、万が一にも落ちないように、苦手を徹底...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
高校・大学受験対策指導のプロ、安田廣志(やすだひろし)さん

卒業生600人余り。その子のためだけのオーダーメイドな個別指導で、志望校合格をかなえる。(1/3)

 富山駅から歩いて2分。扉を開けると進学塾のイメージとは一風違う、アットホームな空間が広がります。高校・大学受験の個別指導塾「わかば会」です。穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、代表の安田廣志さん。 今年で設立18年目のわかば会。昔から教え...

安田廣志プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

大学受験生・高校受験生の指導

会社名 : 学習相談室 わかば会
住所 : 富山県富山市桜町2-1-10 陽光堂ビル 3F&5F [地図]
TEL : 0120-67-1355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-67-1355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

安田廣志(やすだひろし)

学習相談室 わかば会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

質問がしやすく、私が理解できるまで教えてもらえるため、良かったです。

わかば会は、個別指導のため、分からないことがあれば、 質問...

M なつみ
  • 10代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
富大入試の解答例を作成しました。
イメージ

県立高校の発表は今月の16日、あと少しで春です。昨日は、富山大学後期試験が行われました。わかば会では、そ...

夏期講習会は、どんなところで勉強するの?
イメージ

今年も暑い夏が巡ってきました。わかば会の「熱い」夏期講習会が始まります。それでは、わかば会自慢の4つの...

北日本新聞社の取材を受けました。
イメージ

昨今の”塾事情”として、北日本新聞社の取材を受けました。24日(日曜日)に新聞に掲載されました。わかば会は...

体験授業を受けてみませんか。
イメージ

いよいよ夏期講習会です。 他の塾さんに比べ、遅くなりましたが、 本日の北日本新聞に、下記の広告を掲載...

高校3年生の夏
イメージ

もうすぐ夏休みです。「いつ勉強するの?」「今でしょ!」部活を引退し、期末テストも終わり、あとは受験勉...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ