コラム

 公開日: 2012-10-29 

「無痛治療」という言葉は適当ではない

「なるべく痛くないように」と治療内容をいつも改善してはいますが

虫歯がひどくなって腫れたりしているようなものは

一時的に痛くても処置をしないと命にかかわることもあります。

だから「無痛治療」という言葉は適当ではないのでホームページにも

使っていないのに、「無痛治療を希望」とかいうメールがやたら来る。

何かおかしいと思って、ネットで検索してみると

「富山県の無痛歯科医院(痛くない歯医者)ランキング!」

とかいう、無責任な歯科医院のランキングが出来ていた。

さっそく、ランキングをお断りしたいと思って連絡先を探しても書いてない。

こういうランキングは無責任なので、迷惑なんですけどどうしようもない。


治療というのは信頼関係の上に成り立っているので

痛いときには痛みがあることをお話しますし

少しでも痛みが少なくなるように努力するのは当然と思っています。

しかしながら、前述のとおり

初めから「痛くないですよ」なんて約束できるものではない。

馬鹿な歯医者の宣伝文句みたいですし、

なんでもかんでも「無痛云々」という風潮は無責任で嫌いです。

完全に無痛にするなら全身麻酔にするしかありません。


最近は親知らずを抜くときにも、入院して全身麻酔を希望する人が

稀ではありません。

そのうち、虫歯の治療をするにも全身麻酔を希望する人が出て来るかも

しれませんが、少なくとも今は健康保険が使えません。

悪しからず。

この記事を書いたプロ

こじま歯科医院 [ホームページ]

歯科医 児島三津男

富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL:076-493-7399

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
痛くない、怖くない歯科治療のプロ、児島三津男(こじまみつお)さん

その人にとってラクな治療で、「また行きたい」と思える歯医者さんをめざす。(1/3)

 歯医者さんといえば「痛い、怖い、行きたくない」という拒否反応を持つ方もまだまだ多いのでは。「このイメージを変えるのが僕の使命」と、やさしい笑顔で話すのは、こじま歯科医院の児島三津男院長です。 「定期的に歯医者に通うこと。これがキレイで健...

児島三津男プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : こじま歯科医院
住所 : 富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL : 076-493-7399

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-493-7399

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

児島三津男(こじまみつお)

こじま歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
非抜歯矯正 昔の歯並び相談
イメージ

十数年前、私が読売新聞に書いた「歯並び相談」。 非抜歯矯正というのが、いろんな矯正歯科の大家の逆鱗にふ...

インビザライン 4番の抜歯症例
イメージ

「マウスピース矯正では抜歯症例はできない」と言う人がありますがこんな感じでできます。上下顎4番抜歯...

インビザラインでする矯正治療の流れ3
イメージ

検査した次の回に検査結果、治療計画のお話をします。この治療計画によって治療の良し悪し、早い遅い...

インビザラインをおすすめしないのは
イメージ

インビザラインで実際に治療を行っている歯科医院は多くありません。HPに「インビザライン」と書いていて...

インビザラインでする矯正治療の流れ2
イメージ

2回目に、他の矯正治療と同じようにレントゲン等の検査をします。「インビザラインは型採りして、アメリカ...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ