コラム

 公開日: 2013-02-14 

新しい義歯の使い方

取り外し式のいわゆる「入れ歯」を使ったことのない人が

初めて新しい入れ歯を入れた日は、

「入れているだけにして、食事の時ははずしてください」とお願いしています。


入れ歯を入れたことのない歯肉は、圧力に慣れていません。

入れ歯の「床」と言われるところ(赤い部分)から急に強い力を受けると

歯茎に痛みを起こしたり、傷ついたりします。

「翌日から、やわらかいものから順番に痛くないか試しながら咬んでください」

とお願いしていますが、普通に食事をして「痛いから削ってくれ」という

注文を翌日に受けることがよくあります。

注文どおりに「痛い」と言われるところを順番に削っていくと

次々に痛い場所が変わっていって、入れ歯の原型がなくなるほど削って

実際には咬めてない状態になって、はじめて「痛くなくなった」と

いうことになる。

長いこと歯医者をしていると、こういう結末が初めから見えているので

調整に来られても「1カ所しか削りませんよ」と前置きしますが

こういう方々は、ほとんど聞いてもらえませんね。


「総入れ歯でタクワンでもなんでも噛み切れる」というのは

長年、入れ歯を使ってこられて入れ歯の下の粘膜が硬くなっているからです。

そういう方は入れ歯無しでも、歯茎だけで食事できる方もおられます。


「入れ歯を、調整無しで入れて何でも噛める」ようにするのが

名医だと思っておられる方も多いですが、

簡単な風邪なら医者でなくても治せるのと同じですよ。

この記事を書いたプロ

こじま歯科医院 [ホームページ]

歯科医 児島三津男

富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL:076-493-7399

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
痛くない、怖くない歯科治療のプロ、児島三津男(こじまみつお)さん

その人にとってラクな治療で、「また行きたい」と思える歯医者さんをめざす。(1/3)

 歯医者さんといえば「痛い、怖い、行きたくない」という拒否反応を持つ方もまだまだ多いのでは。「このイメージを変えるのが僕の使命」と、やさしい笑顔で話すのは、こじま歯科医院の児島三津男院長です。 「定期的に歯医者に通うこと。これがキレイで健...

児島三津男プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : こじま歯科医院
住所 : 富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL : 076-493-7399

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-493-7399

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

児島三津男(こじまみつお)

こじま歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
3Dで作る矯正用マウスピース
イメージ

昨年の末に3Dプリンターを導入して、0.1ミリづつ歯を動かす矯正用マウスピースの作製が可能になりました。...

昔のマウスピース矯正
イメージ

たぶん、10年ほどまえからやっていると思いますがマウスピースを入れていれば、これぐらいのでこぼこは普通に...

インビザライン
治療前

治療の前後です。「あまりまじめな患者ではなかった」という本人の弁。でも、この程度は治る、ということです。...

インプラントの値段

当院のインプラントの値段の表示に「8万から25万」という部分があります。この表示の仕方は役所の指導に基づい...

マウスピース矯正の現在
イメージ

マウスピース矯正はすでに珍しいものではありません。日本ではインビザラインとクリアライナーが有名ですが...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ