コラム

2011-04-18

虫歯を削る基準


「治療が必要な永久歯があります」という歯科検診の紙をもらって学生さんが来院された
場合、口腔内を診察して、削って治療する場合と削らずに口腔清掃指導をして経過をみる
場合があります。
完全に歯に穴が開いているものは、そのままにしておけば虫歯が進行しますから、削る
ことになりますが、奥歯の溝に着色しているだけで内部に虫歯が進行していないもの、
あるいは歯の表面の変色だけの初期の虫歯は、清掃をよくして経過をみるほうが虫歯が
進行しないものが多くあるからです。
昔、NHKが「虫歯は再石灰化で治る」という内容を、ある人気番組で放送したところ、
翌日から「虫歯は削らなくても治るのだから削らないでくれ」という患者さんが続出した
ことがありました。番組にも注意書きがちゃんと書いてあって、この患者さんの言うのは
誤解なのですが、初期の虫歯はある条件下では再石灰化して「治る」ことがあるのは
事実です。
また削って詰め物をする場合は、小さな虫歯でも、詰め物ができるような大きさに
ある程度大きく削る必要がありますし、「虫歯の進みやすさ」は個人によって違います
から、削るかどうかは総合的な判断が必要になります。
特に若年者の大臼歯の裂溝は、萌出してから石灰化して封鎖して行くので
検診のときに先の細い短針でガリガリ探ると虫歯でなくても穴が開いてしまいます。
ブラシで汚れを除去して変色などをチェックして、カリエスの疑いが無ければ
フッ素塗布等して経過を見る方が、見落としを恐れて短針で穴をあけるよりも賢明でしょう。
「歯医者に行ったばかりなのに黒いところが残っている」と目くじら立てるのは
得策ではありません。

この記事を書いたプロ

こじま歯科医院 [ホームページ]

歯科医 児島三津男

富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL:076-493-7399

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
痛くない、怖くない歯科治療のプロ、児島三津男(こじまみつお)さん

その人にとってラクな治療で、「また行きたい」と思える歯医者さんをめざす。(1/3)

 歯医者さんといえば「痛い、怖い、行きたくない」という拒否反応を持つ方もまだまだ多いのでは。「このイメージを変えるのが僕の使命」と、やさしい笑顔で話すのは、こじま歯科医院の児島三津男院長です。 「定期的に歯医者に通うこと。これがキレイで健...

児島三津男プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : こじま歯科医院
住所 : 富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL : 076-493-7399

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-493-7399

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

児島三津男(こじまみつお)

こじま歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
3Dで作る矯正用マウスピース
イメージ

昨年の末に3Dプリンターを導入して、0.1ミリづつ歯を動かす矯正用マウスピースの作製が可能になりました。...

昔のマウスピース矯正
イメージ

たぶん、10年ほどまえからやっていると思いますがマウスピースを入れていれば、これぐらいのでこぼこは普通に...

インビザライン
治療前

治療の前後です。「あまりまじめな患者ではなかった」という本人の弁。でも、この程度は治る、ということです。...

インプラントの値段

当院のインプラントの値段の表示に「8万から25万」という部分があります。この表示の仕方は役所の指導に基づい...

マウスピース矯正の現在
イメージ

マウスピース矯正はすでに珍しいものではありません。日本ではインビザラインとクリアライナーが有名ですが...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ