Q&A(このプロの回答)

子どもの歯科矯正について
小4の娘の上前歯2本が曲がってはえかわったので、歯科医に相談したところ、矯正が必要と言われました。上顎が狭くこれから生えてくる歯もこのままだとガタガタになると言われました。

本人がとても見た目を気にするので、なるべく目立たない矯正をしてやりたいと思い調べたところ、裏側矯正があると聞いたのですが、メリット、デメリットや料金など、また、富山県内で裏側矯正をしている歯科医があるのかを教えて下さい。
投稿日時:2010-12-04 08:38:37
医療・健康

児島三津男 こじまみつお

児島三津男の回答

裏側矯正について

裏側に装着する装置も種類がいろいろあります。
小児の矯正で使うものでは、舌側弧線装置とか床装置など昔から使われている裏側の装置は多くあります。これらの装置は矯正医であれば、使い方を知らない人は無いと言ってもよいと思います。ただ実際に治療で使うかどうかは歯科医院によって治療方法が違います。
最近流行っているものでは、いわゆる成人でつかう「舌側矯正装置」というのがあります。これは一般的に小児にはあまり使いません。見えないこと、清掃性がよいことが特徴です。技術的に難しいので、時間がかかる分費用もかかり、表につけるタイプの1.5-2倍程度になることが多いようです。舌側矯正専門という看板を出している所でも、治療内容によって、奥歯や下の前歯には表に装置を付けたり、とりはずし可能な装置を併用していますから、「すべての治療を舌側(裏側)のみで」というのは難しいのではないかと思われます。当院でも「少しのでこぼこをまっすぐに治す」程度であれば使いますが、抜歯が必要なものなど、治療期間が長くなる場合にはおすすめしておりません。
裏側でなくても「見えにくい装置」ということであれば、透明なマウスピースや、夜間だけ使う装置等があります。
いろいろの装置がありますが、「見えない装置だけで治療を」と言われると、どの装置でも治療内容は限定されるので「できる場合もあるができないこともある」ということになってしまいます。

小児の矯正治療は、最終的に成人になったときに整った歯並びになるように治療計画を立てて行わないといけないので、装置が目立たないということだけでなく、顎骨の成長状態やバランス、歯列が完成するまでの、全体の治療期間がどれぐらいかかるか、Ⅱ期治療(永久歯がそろってからの治療)の有無等、考慮しなければならないことが多くあります。通院できる範囲で実際に治療を受ける歯科医院を探して診察を受けられることをお勧めします。

回答日時:2011-01-05

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
痛くない、怖くない歯科治療のプロ、児島三津男(こじまみつお)さん

その人にとってラクな治療で、「また行きたい」と思える歯医者さんをめざす。(1/3)

 歯医者さんといえば「痛い、怖い、行きたくない」という拒否反応を持つ方もまだまだ多いのでは。「このイメージを変えるのが僕の使命」と、やさしい笑顔で話すのは、こじま歯科医院の児島三津男院長です。 「定期的に歯医者に通うこと。これがキレイで健...

児島三津男プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : こじま歯科医院
住所 : 富山県富山市二口町4-4-2 [地図]
TEL : 076-493-7399

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-493-7399

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

児島三津男(こじまみつお)

こじま歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
3Dで作る矯正用マウスピース
イメージ

昨年の末に3Dプリンターを導入して、0.1ミリづつ歯を動かす矯正用マウスピースの作製が可能になりました。...

昔のマウスピース矯正
イメージ

たぶん、10年ほどまえからやっていると思いますがマウスピースを入れていれば、これぐらいのでこぼこは普通に...

インビザライン
治療前

治療の前後です。「あまりまじめな患者ではなかった」という本人の弁。でも、この程度は治る、ということです。...

インプラントの値段

当院のインプラントの値段の表示に「8万から25万」という部分があります。この表示の仕方は役所の指導に基づい...

マウスピース矯正の現在
イメージ

マウスピース矯正はすでに珍しいものではありません。日本ではインビザラインとクリアライナーが有名ですが...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ