>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2011-11-01

グループ・カウンセリングの実際(国内編)~私自身の体験

「カウンセリングの実際」のその2として、今回はグループ・カウンセリングについて私自身の体験(まずは国内で体験したもの)からお話ししたいと思います。

グループ・カウンセリングとは、前回述べた一対一での個人(個別)カウンセリングと違って、集団(グループ)で、ある共通の問題などについてカウンセリングを行うものです。グループの人数は目的によっても違いますが、普通10人位が適正と言われています。また、カウンセラーの数も一人とは限らず、場合によっては二人ということもあります。

個別のカウンセリングに対するグループ・カウンセリングの目的・意義は、一つには、カウンセリングを実施する側から言えば、個別カウンセリングに比べて同じようなことを多数の人に同時にできて効率的であることです。
これは実用的な観点からですが、実はそれよりももっと大事なことは、グループでカウンセリングを行うことによって、個別のカウンセリング場面では得られないもの(グループでの相互作用)があり、参加者にとってそれから学べるものが多い、ということです。

また、グループ・カウンセリング自体もその目的によって分かれ、一つは、当面の問題解決(例えば薬物依存など)を目的としたもの、もう一つは、自己成長(人間についての理解を深めるなど)を目的としたものがあります。今回私がお話しするのは、この自己成長を目的としたグループ・カウンセリングの参加体験です。

私は大学を卒業して東京の新聞社に勤務していたときに、東京・目白の財団法人日本カウンセリング・センター主催のものに参加しました。そのきっかけは、私が個別カウンセリングを受ける中で、私のカウンセラー(小和田元彦氏)がそのセンターに関係していたことを知ったからです。(ちなみに、日本カウンセリング・センターは、日本で最も歴史のあるカウンセリング団体で、日本のカウンセリング界の第一人者だった友田不二男氏が創設から関わっていました。)
その日本カウンセリング・センターで、私は、入門編から始まり各種のグループ・カウンセリング(体験学習)に参加しました。

日本カウンセリング・センターでのグループ・カウンセリングは週一回・毎回一時間半でした。ただし、時間の枠が決まっているだけで、実際にその間でどうするか決まったものは何もないのです。カウンセラーも何も言いません(ちなみに、カウンセラーは「世話人」と呼ばれていました)。

その中で、普通の展開はこうです。

グループ・カウンセリングが始まってしばらく沈黙が続くうちに、誰かが沈黙を破ろうとして、何か話題を提供したり問題を提起したりする。しかし、大抵の場合他の人は乗って来ない。そしてまた沈黙が続く。
しばらくはこのような連続となる。けれども、そのうちに誰かが、「他人の、この場面以外の外の出来事」でなく、「その人自身の、今ここで」の率直な気持ちを語り始める(「こんな沈黙が続くは嫌だ」「あなたのその言葉が大嫌い」とか)。そこで初めて、他の人も「それぞれの、今ここで」の気持ちを、否定・肯定なものに関係なく率直に話し始める。
その中で、「今ここ」で「自分自身」が何を感じているか、また他の人が何を感じているか、への理解が深まる。

まとめれば、グループ・カウンセリングは大体こういう展開をしていくことになります。
しかし、これはいわば教科書的な理想的な展開を述べたまでで、実際にはもっと紆余曲折があり、なかなか皆さん本心を出さずに終わってしまうこともあります。

後で知ったことですが、このやり方はいわゆるエンカウンター・グループ(以前は感受性訓練ともいわれました)というもので、米国の心理学者カール・ロジャースが始めたものです。

ロジャースは、従来の指示的・権威的なカウンセリングのやり方と180度違った、非指示的な来談者中心のカウンセリングのやり方を提唱し、その後のカウンセリング界に大きな影響を与えました。
日本カウンセリング・センターの中心的存在であった友田不二男氏は、日本でのロジャース研究の第一人者であり、ロジャースの考え方の普及に努めたことから、この「構成されない場面」でのグループ・カウンセリングが、日本カウンセリング・センターで大きな比重を占めたことは当然といえます。

しかし、他のグループ・カウンセリングのやり方もありました。友田氏自身、その後にはグループ・カウンセリングの中で、中学の国語の教科書を読むことを始めたことを記憶しています。友田氏が、カウンセリングに参加している人に子供がやるようなことをあえて求めたのは、多くの人が、書いてある簡単な事も正確に理解できていないことを身をもって知ったからだ、と言っています。
それで、友田氏のグループ・カウンセリングでは、参加者は、教科書の一字一句の意味を如何に正確に捉えるかに、友田氏から厳しい指摘を受けながら全力を注ぎました。

ところで、グループ・カウンセリングには、この通いのものの他に、泊りがけの集中的なもの(ワークショップ)もあり、私も参加しました。
泊りがけのグループ・カウンセリングの利点は、日常からしばし離れてカウンセリングに集中できる、というところにあります。

私は、千葉県の山荘や青森県の十和田湖畔等でのワーク・ショップに参加しました。
大体週末とかを利用して、一泊二日とか二泊三日とかの日程で、朝から夜までグループでのカウンセリングの連続です。そしてその後は相部屋で雑魚寝となります。

私自身はカウンセリングの時間は結構自由に振る舞われたのですが、その他の自由時間に他の人とどう対応し振る舞っていいか、に少し迷いました。つまり、カウンセリング場面といういわば非日常的な場面と、その他の日常的な場面とをどうつなぎ、また切り替えるか、ということです。

これはその後、私の中で、突き詰めていけばカウンセリングにとっては日常・非日常の差は特になく、「いつでもカウンセリング」、という考えに落ち着くのですが。
(続く)

うつ心理相談センター
心理学博士 村田 晃

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ