>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2011-11-10  最終更新日: 2014-06-05

グループ・カウンセリングの実際(米国編・前編)~私自身の体験

「カウンセリングの実際」のその3として、今回はグループ・カウンセリングのうち、私が米国滞在中に体験したものについてお話しいたします。

私は計3回15年余に渡り、米国の三つの大学院に留学しました(南イリノイ大学、ウイスコンシン大学、
デンバー大学)。そしてその間各種のグループ・カウンセリングに参加し、また後には自らグループ・カウンセリングを行いました。

私が参加したグループ・カウンセリングのうち、今でも一番記憶に残っているのは、米国の有名な心理学者カール・ロジャース(1902―1987)が晩年住んでいた、カリフォルニア州ラホイヤでの「ラホイヤ・プログラム」です。ロジャースはカウンセリングにおける共感や受容の重要性を説き、現在のカウンセリングの土台を築いたといえる学者です。
ラホイヤ・プログラムは、ロジャースが当時所属していた人間科学センターの主催で行われ、そのためワークショップはロジャースの人間中心的な考え方によって運営されていました。

私はロジャースの生前と死後の二度参加しました。
参加者は全体で30~40名位で、米国各地はもとより、ヨーロッパからも来ていました。日本人の参加者は、最初の時は私だけ、二回目の時は私の他に母親と高校生位の親子が一組でした。

ワークショップは一週間のプログラムで、カリフォルニア大学サンディエゴ校の施設を使って行われました。毎日、朝から夜まで全体グループと数人位の小グループでの集まりが交互にありました。話題は特に決まっておらず、その場その場での各自の思いを述べあったと記憶しています。

その二回目に参加した時です。日本人の母親の人は余り英語がしゃべれませんでしたが、それでも他の参加者は、その彼女の言葉の調子や表情・身振りから何とか彼女の気持ちを理解しようとしていました。終いには、「英語でなくて日本語で話していいから」と周りが言いました。
その時私が感じたことは、「気持ちを伝えるのは必ずしも言葉だけでない、相手を理解するには必ずしも
言葉に頼ることはない」、ということです。

このカウンセリングにおける言葉の重要性については、普通は当然のように考えられています。それは、米国でカウンセリングが一般にトーク・セラピーといわれていることに現れています。
しかし、この日本人の母親と、他の日本語を知らない参加者との間の交流を目の前にして、私は人の気持ちを理解するには言葉は必ずしも必要ではない、と感じました。
ちなみに、人間のコミュニケーションの研究では、身振りや動作などの非言語によるものが実際には80%を占めるといわれており、このことを実証しているといえます。

以上、私がラホイヤ・プログラムに参加して学んだことは、基本的な感情は言葉や国の違いを超えて理解しあえうる、ということでした。

次回は、引き続き私の米国での他のグループ・カウンセリングの参加経験について述べたいと思います。

うつ心理相談センター
心理学博士(PhD University of Denver USA)
村田 晃

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ