>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2011-11-22

グループ・カウンセリングの実際(米国編・中編)~私自身の体験

「カウンセリングの実際」のその4として、今回はグループ・カウンセリングについて私が米国滞在中に体験
したもののうち、うつの自助(セルフ・ヘルプ)グループについてお話しいたします。

私はデンバー大学大学院(コロラド州)博士課程在学中だった2002年から2010年の間、うつやその他の精神障害を持つ人による幾つかの自助グループに参加しました。

自助グループはいわゆるピア・カウンセリングと位置付けられるもので、同じ問題を持つ者同士が、専門家の介在なしに互いに気持ちや考えを共有することによって互いに励ましあう、といったものです。

私が参加した自助グループは、情報交換や知識習得中心のものから気持ちの交流中心のものまでいろいろありました。

例えば、気持ちの交流中心のあるグループは、毎週一回精神病院の会議室に集まり、一時間半くらいグループを持ちました。まず最初に、全員でグループの規則を輪読します。例えば、グループ内での話は他人には
口外しないとか、AA(アルコホリック・アノニマス[断酒会])のものに似たようなものだったと思います。

また最初に、それぞれが現在の自分の気分の状態を数字で報告します(例えば、うつで5段階のうちの3とか―ちなみに5は普通の気分で、1は極端に落ち込んでいて今でも自殺しかねない感じ。ですから3はかなり
落ち込んでいる感じ)。
ちなみに私自身は参加した最初の頃はかなり落ち込んでいて2とか3でしたが、そのうち4とか5になり、ついには余りグループに行く必要を感じなくなり、行かなくなりましたが。

その後に、それぞれが15分くらいお互いの近況や現在悩んでいることを語り、他のメンバーが助言するとことになります。

このような自助グループに参加して私が感じたことは、同じような経験を共有する人の中で、率直に自分の
状態を話せ、それに対する助言も受けられる利点はあるものの、グループがうまくいくかどうかはそのリーダーや参加者によるところが大きいということです。

例えば、ややもすると誤った医療情報の交換の場になってしまう危険性がありました。(抗精神薬の効果には個人差があるにも関わらず、自分に効いたからといって他人に勧めるとか)。

ですから、もし自助グループに参加しようと考えているのでしたら、まず幾つかのグループに参加してみて、
どれが自分に合っているかを見極めた方がいいと思います。

次回は、いよいよ私自身が米国でグループ・カウンセリングを持った時の経験についてお話ししたします。
------------------------------------------------------------------------------------
○講演のお知らせ:
来る11月26日(土)午後1時30分~3時30分の間、高岡市ふれあい福祉センター(高岡市博労本町4番1号)で、高岡市うつ・自殺予防講演会(高岡市主催)があり、私が、「心の問題を通じて更に成長する」という題で講演します。
興味のある方は、高岡市役所健康増進課(0766-20-1346)か社会福祉課(0766-20-1369)へお問い合わせください。
------------------------------------------------------------------------------------うつ心理相談センター
心理学博士(PhD University of Denver USA)
村田 晃

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ