>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2011-12-31

「自殺」そして「適応障害」~心の健康についての2011年の重大ニュース (2)

「自殺」そして「適応障害」について、エフエムいみず(79.3MHz) の私の番組、「心に元気を!
大人のメンタルヘルス」(12月28日水曜)で話しています。

「心の健康についての2011年の重大ニュース」の第二弾として、今回は「自殺」と「適応障害」を
取り上げてみたいと思います。

○まず「自殺」ですが、残念ながら2011年も自殺者が全国で3万人を超えるかもしれません。
したがって、当然のことながら自殺予防は大きな国民的課題です。

この自殺予防については、私はこの9月の「自殺についての特集」の時も述べましたが、自殺
の率に大きな男女差があることが手掛りとなると思います。

つまり、女性は男性に比べて自殺の率が半分以下と低いということです。ところが、自殺の
原因の大きなものとして挙げられているうつ病には、女性は男性の2倍以上なりやすいのです。

言い換えば、女性は男性に比べて圧倒的にうつ病になりやすいのに、自殺に至ることは少ない。
一方、男性は女性に比べてうつ病になることは少ないのに、自殺に至る率は高い。

それでは、この女性の生きる事へのたくましさはどこからくるのでしょうか。裏返すと、男性の
生きる事へのもろさは何に由来するのでしょうか。

その理由の一つは、心の悩みを持った時に、助けや援助を求める行動の差が大きく関係している
のではないか、と考えます。

というのは、何か悩みを持った時に、女性は気軽に他の人に相談するのに比べ、男性は悩みを
持っても自分だけで抱え解決しようとするからではないか、ということです。

実は、心の悩みを持った時の解決方法のこのような男女差は日本に限らない現象です。私が
米国の大学院に留学中にも米国人から同じことを聞きました。

コロラド州デンバー大学大学院でうつに関する博士論文執筆中に、私がインタビューした何人
もの心理学者が、「男は常に強くなければならないとの意識が強く、したがってうつになっても
援助を求めない」と話していました。

米国では自立・独立独歩を求める価値観が中心ですが、いわばそれが裏目に出たともいえます。

しかし私は、本当の強さ・男らしさは、自分の弱みをさらけ出せることだと思います。それこそが
真の勇気ある行動だと思います。

ですから、世の男性も、心の悩みを持った時に、気軽に他の人に相談したり医療機関に行くこと
が、真の勇気ある行動であり男らしい行動であると考えられたらいい、と思います。それこそが、
心の悩みが重症化して自殺にも至るのを防ぐ重要な手立てだと考えます。

○次に「適応障害」ですが、これは皇太子妃雅子さんが「適応障害」で今年も療養生活を送られ
ていることから取り上げました。

ちなみに、適応障害とは、ストレスが原因となって気分・感情や行動の障害が起きる心の病気
です。

皇太子妃雅子さんの場合は、皇室に入られた後に適応障害が起きていることから、皇太子妃と
いう立場と深く関係していることが考えられます。

雅子さんは元々ハーバード大学・東京大学・オクスフォード大学で学び、また最難関の外交官
試験に合格して外交官の道を歩まれておられました。そして、皇太子妃となられた後も、
いわゆる皇室外交の一翼を担って行きたいと考えておられたと思います。

ところが、諸般の事情からそれが実現できずにいたことが、ストレスとなったものと考えられます。

ですから、長年に渡る医師団の治療もはかばかしくいかないのも当然と言えます。
なぜなら、適応障害の根本的な解決にはストレスの原因となる要因を取り除くしかないからです。
それ以外はあくまでも対症療法的(例えば薬物療法など)でしかないと思います。

雅子さんは心理療法(カウンセリング)も受けられていると思いますが、例えばものごとの
見方を変える認知療法にしたって、現状を追認するための二次的な対応策でしかないと
思います。根本的な対応策は、現在の環境を変えるしかないからです。

しかしながら、皇太子妃雅子さんが適応障害であることを医師団が公式に認めたことは、
精神疾患は誰でもなり得る(雅子さんのような最高の知性を持った人でも、皇室の位置に
ある人でも)ということを広く世間に認識させたという意味では、非常に意義のあること
と思います。

ついては、雅子さん自身が自ら肉声で、自身の病状や置かれた状況について国民に語られ
ることが、更に心の病気に対する正しい理解に寄与するものと考えます。

なお、更に詳しい内容はエフエムいみずのインターネットラジオで聴くことができます。
インターネットで聴くには、次にアクセスしてください。
http://www.voiceblog.jp/fmimizu/ バックナンバー第31回

皆さんからの番組へのEメールをお待ちしています (直接、エフエムいみず へどうぞ)。
http://www.fmimizu.jp/

なお、この番組の最後に流れる曲、「心」(釈 敏幸作詞・作曲・唄)については、以下のYouTube
で全曲が聴けます。釈 敏幸さんは、統合失調症を抱えながら音楽活動を続けていらっしゃいます。
http://www.youtube.com/watch?v=c4PXxh3raLU

来年も、引き続き心の話題についてお送りいたします。 どうぞよろしく。

うつ心理相談センター所長
心理学博士(PhD University of Denver USA)
村田 晃






この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ