>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2011-03-13

地震被災者への心理的対応(その1)


  村田 晃(心理学博士 PhD University of Denver USA)


  引き続く地震に対して、身近な方が遭遇された方もいらっしゃると思います。
  その際どう対応したらよいかについて、一つの指針として、米国国立PTSD (心的外傷後ストレス障害) センターと同国立子どもトラウマティックストレス・ネットワークが発行した 「サイコロジカル・ファーストエイド[心理的初期援助 ](PFA) 実施の手引き」の日本語訳(兵庫県こころのケアセンター作成)があります。
  この手引きは、初動の災害救援活動を行う人向けに作成された、初期における心理的支援の手引きですが、一般の方でも参考になると思いますので、以下に一部内容を抜粋します。

なお、日本語版の全文は以下を参照ください。

http://www.nctsnet.org/sites/default/files/assets/pdfs/pfa_japanese.pdf


○心理的初期援助 (PFA) の基本目的

・被災者に負担をかけない共感的な態度によって、人と人の関係を結びます。

・当面の安全を確かなものにし、被災者が物心両面において安心できるようにします。

・情緒的に圧倒され、取り乱している被災者を落ちつかせ、見通しがもてるようにします。

・いまどうしてほしいのか、何が気がかりなのか、被災者が支援者に明確に伝えられるように手助けします。また、必要に応じて周辺情報を集めます。

・被災者がいま必要としていることや、気がかりなことを解決できるように、現実的な支援と情報を提供します。

・被災者を、家族、友人、近隣、地域支援などのソーシャルサポート・ネットワークに、可能な限り早く結びつけます。

・適切な対処行動を支持し、その努力と効果を認めることで、被災者のもっている力を引き出し、育てます。そのために、大人、子ども、家族全体がそれぞれ、
回復過程で積極的な役割を果たせるよう支援します。

・災害の心理的衝撃に効果的に対処するために役に立つ情報を提供します。

・支援者ができることとできないことを明らかにし、(必要なときには)被災者を他の支援チーム、地域の支援システム、精神保健福祉サービス、公的機関などに紹介します。


○心理的初期援助 (PFA) 提供の方針

・いきなり介入するのではなく、まずは様子を見守ってください。次に、どのような手助けができるかを見極めるために、簡潔で、思いやりのある質問をします。

・関係づくりに最も有効な方法は、多くの場合、現実的な支援(食糧、水、毛布)です。

・場の状況や対象となる人の様子をよく見て、その介入が負担になったり破壊的になったりしないだろうという判断ができてから、接触を開始してください。

・被災者が拒否することにも、逆に殺到する場合があることにも、準備をしておいてください。

・穏やかに話してください。忍耐強く、共感的で、思慮深くあってください。

・シンプルでわかりやすい言葉を使い、ゆっくり話してください。略語や専門用語を使わないでください。

・被災者が話し始めたら、聞いてください。話を聞くときには、かれらが何を伝えたいのか、あなたがどう役に立てるのかに焦点をあててください。

・被災者が身を守るためにとった行動のうち、よいところを認めてください。

・被災者のニーズに直接役立つ情報を提供し、求めがあれば何度でも、対処方法を分かりやすく示してください。

・正確で、かつ被災者の年齢にふさわしい情報を提供してください。

・通訳を介してコミュニケーションをとるときには、通訳者ではなく本人を見て話しかけてください。

・心理的初期援助 (PFA) の目的は、苦痛を減らし、現在のニーズに対する援助をし、適応的な機能を促進することです。トラウマ体験や失ったものの詳細を
聞き出すことが目的ではないことを、常に念頭において活動してください。


○避けるべき態度

・被災者が体験したことや、いま体験していることを、思いこみで決めつけないでください。

・災害にあった人すべてがトラウマを受けるとは考えないでください。

・病理化しないでください。災害に遭った人々が経験したことを考慮すれば、ほとんどの急性反応は了解可能で、予想範囲内のものです。反応を「症状」と呼ばないでください。また、「診断」「病気」「病理」「障害」などの観点から話をしないでください。

・被災者を弱者とみなし、恩着せがましい態度をとらないでください。あるいはかれらの孤立無援や弱さ、失敗、障害に焦点をあてないでください。それよりも、
災害の最中に困っている人を助けるのに役立った行動や、現在他の人に貢献している行動に焦点をあててください。

・すべての被災者が話をしたがっている、あるいは話をする必要があると考えないでください。しばしば、サポーティブで穏やかな態度でただそばにいることが、人々に安心感を与え、自分で対処できるという感覚を高めます。

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ