>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2015-07-22  最終更新日: 2015-07-24

セミナー 当事者と共に「ひきこもり」 を考える (7月11日)のご報告

◎セミナー「当事者と共に学ぶこころの病気」の第3回 −「ひきこもり」を考える− を、7月11日(土) に
富山市の県民共生センターサンフォルテで開催しました。 
これは、NPO法人ここらいふの今年度のセミナーシリーズの一環です。

参加者は20人で、「ひきこもり」の当事者及び家族が半数を占め、他に心理カウンセラー、富山市
市会議員など多岐にわたりました。

私の方から最初に、「ひきこもり」について以下のように紹介しました。  

1.「ひきこもり」の定義・範囲は必ずしも一定していない。 また、医学的な診断名ではない。
  [国際的な二つの精神疾患診断基準:ICD-10(WHOの診断基準)とDSM-5(米国精神医学会
   の診断 基準) のいずれにも診断名としてない]

〇厚生労働省による定義:「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」(平成19年)より

様々な要因の結果として、社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職員を含む就労、家庭外
での交遊)を回避し、原則的には6か月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態(他者
と交わらない形での外出をしていてもよい)を示す現象概念。  ※非精神症性の現象とする。

注: 上記のように厚労省の定義では「ひきこもり」を「非精神症性の現象」に限定しているが、実際
には「ひきこもり」者の中に、精神疾患(統合失調症など)を持っている者がかなり含まれてる可能性
は専門家の間で指摘されており、厚労省自体もそれを認めている。

〇推計数
内閣府関係調査
広義のひきこもり状態にある者69.6万人、狭義のひきこもり状態にある者23.6万人
平成22年「若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)」による(対象:15歳以上39歳以下)

ふだんは家にいるが、自分の趣味に関する用事のときだけ外出する(準ひきこもり)   46.0万人
ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける(狭義のひきこもり)        15.3万人
自室からは出るが、家からは出ない(狭義のひきこもり)                      3.5万人
自室からほとんど出ない(狭義のひきこもり)                             4.7万人
       合計                                             69.6万人

注: ただし調査対象に15歳未満や40歳以上が含まれていないから、「ひきこもり」者全体はもっと
多いはず

2.「ひきこもり」に関する最近の研究の動向
「ひきこもり」は従来日本特有の現象と考えられていたが、最近世界各国で同様の研究事例が報告
されており、日本文化に固有の現象ではないその一般性が議論されている。
例: 米国・スペイン・インド・中国・韓国

3.「ひきこもり」への対処方法
・「ひきこもり」行動の背景にある原因を考える → 精神疾患があるかどうかまず確認する。
・ 当事者の家族のメンタルヘルスを重視する → 家族療法にもつながる
・ 社会資源を活用する (自助グループ・家族会・ひきこもり地域支援センターなど)

特に、「ひきこもり」の当事者及び家族の人は、「ひきこもり」に特化した相談窓口である
「富山県ひきこもり地域支援センター」(県の相談施設)電 076-428-0616 をまず利用
することをすすめる。(「富山県ひきこもり地域支援センター」の詳細は以下にアクセス)
http://www.pref.toyama.jp/branches/1281/toyama-hikikomori/
-------------------------------------------------------------------------      
その後、大部分の時間を参加者での話し合いにあてました。
「ひきこもり」の当事者からは、今も外に出ることに困難を感じている状況の話がありました。
(例えば、このセミナーに来るのも最後までちゅうちょし、支援者の後押しで何とか参加できた、
など)

また、当事者の家族からは、自分の子どもの気持ちを理解できないもどかしさを長年経験して
いたが、ある時率直に自分の気持ちを子どもに語ったことから、徐々に相互の理解がすすむよう
になった、との体験の紹介がありました。

私の方からは、当事者及び家族の人は自分たちだけで悩まず、支援センターや家族会などの
社会資源を積極的に利用することをすすめました。

また、社会的な取組みとしては、「ひきこもり」の人も受け入れるような教育プログラム
(例えばフリースクール)など柔軟な仕組みを作っていくことが必要ではないか、と提言しました。

なお、セミナー参加者へのアンケート結果では、「当事者の生の声を多く聞けて良かった」など
好評でした。
(アンケート結果の詳細については、以下のリンクをクリックすると、Adobeでファイルが見れます。
セミナー参加者のアンケート結果の公表については、主催者のNPO法人ここらいふの承諾を
得ています。)
https://files.acrobat.com/a/preview/02943143-ce7b-4d08-9479-64d56b9e3ef1
----------------------------------------------------------------------------
この「当事者と共に学ぶこころの病気」セミナーは以下のように後2回あり、次回は8月8日
(土)に「不安障害」について考えます。

8月 8 日(土) 午前10時~12時 「不安障害」を考える
9月12日(土) 午前10時~12時 「統合失調症」を考える

それぞれ各回一回限りの参加もできますので、興味のあるものにご参加ください。

○会場:県民共生センターサンフォルテ(富山市港入船町6-7・JR富山駅北口10分)

○受講料:各回1,620円(税込)。 なお、「精神障がい者手帳」所持や「精神障がい年金」
受給の方は、今回受講料は無料となります。これはNPO法人ここらいふの理念の一環
です。 ご利用ください。

○申し込み方法:講師 村田 晃まで、直接電話またはEメールで申し込んでください。
(毎回開催前日まで受付け なお、部屋の定員の関係上、先着20人までとなります)
・電話: 076-471-6860(うつ心理相談センター)
・Eメール: utusodan@yahoo.co.jp

このセミナーについてのご質問も遠慮なく上記にどうぞ。

村田 晃 心理学博士(PhD University of Denver USA) ・臨床心理士
       うつ心理相談センター所長 
〒930-0884 富山市五福末広町1199 津林ビルA202

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ