>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

 公開日: 2015-10-01 

セミナー 当事者と共に「統合失調症」 を考える(9月12日)のご報告


このセミナーの一部は、上の動画でご覧いだだけます (9分31秒)。
(なお、この動画の撮影については事前に参加者の了解を得ています。また、この動画は最初に
NPO法人ここらいふのホームページに掲載されたものを了解を得て転載しています。)

◎セミナー「当事者と共に学ぶこころの病気」の第5回 −「統合失調症」を考える− を、9月12日(土)
に富山市の県民共生センターサンフォルテで開催しました。 
これは、NPO法人ここらいふの今年度のセミナーシリーズの一環です。

参加者は17人で、「統合失調症」の当事者や当事者の家族、就労支援団体の人、関心を持つ
一般市民など多岐にわたりました。また、遠く愛媛県や福井市からの参加もありました。
北日本新聞記者による取材もありました。

最初に講師の私から、「統合失調症」についての概略を次のように紹介しました。

1.「統合失調症」とは何か
  現実を異常に解釈する脳の病気(米国メイヨー・クリニックによる定義)

  Schizophrenia(英語)の言葉自体は「分裂した心」の語源があるが、しかしそれは
「気分・感情と思考の通常のバランスが損なわれたこと」を意味している。

  2002年、「全家連」(当時)の要望等により、従来の「精神分裂病」から「統合失調症」
に名称変更(厚労省通知)

〇代表的な症状
・陽性(ポジティプ)症状: 普通の人には見られない行動
  幻覚(幻聴が最も一般的)
  妄想(その文化の一部ではない、変わらない間違った信念): 被害妄想・関係妄想など
  思考・言語障害
  運動障害(例:カタトニア[緊張病])
・陰性(ネガティプ)症状: 普通の気分・感情や行動が障害されたもの
  感情表現の平板化、楽しい感情の喪失・意欲の低下
・認知機能の低下
  判断力・遂行能力・注意力・直近の記憶力の低下

注:米国国立精神衛生研究所及びメイヨー・クリニックによる
なお、個々の診断名については、国際的な二つの精神疾患診断基準:ICD-10(WHO)とDSM-5(米国
精神医学会)でやや違いがある。例えば「単純統合失調症(Simple Schizophrenia)」という病名はICD-10
にあるが、DSM-5にはない。

〇出現率
 1%(100人に1人) 日本での統合失調症の患者数は約80万人(厚労省による)
 男女差や民族による差はない。
 通常若年(18歳~35歳)に発症。45歳以後の発症はほとんどない。

2. 原因
 はっきりした原因はまだ分かっていないが、幾つかの要因が関係していると考えられている。

・遺伝子と環境(出産時の障害など)の相互作用
・脳内の神経伝達物質(ドーパミンなど)の機能不全
・脳自体の構造の異常

3. 「統合失調症」に対する対処方法
〇薬物療法(抗精神病薬)
1950年代半ばに抗精神病薬が誕生
    従来型(「定型」)抗精神病薬の例:ソラジン・ハルドール
    ただし副作用もあり 
    特に口唇などの不随意運動(遅発性ジスキネジア)
    他、身体の硬直・手足の震え・けいれん・多動など
1990年代から第二世代(非定型)の抗精神病薬が登場
    例:リスパドール・ザイプレクサ・セロクエル・ジェオドン・アビリファイ
    従来型に比べて副作用は少なくなったが、大きな体重増加は起きやすい

〇心理社会的処遇
   抗精神病薬によって症状(特に陽性症状)が落ち着いた後に、日常生活を送る上での
援助を目的とする。

  ・心理教育
    病気そのものや病状の管理、コミニュケーションや対人関係、自己管理、仕事・学業など
についての対処法を教える  
  ・心理療法
    認知行動療法の適用についての研究・実践がなされている
  ・リハビリテーション
    職業訓練・社会性訓練[金銭管理]など
  ・リラクセーション・ストレス管理
  ・自助グループ
  ・当事者家族のサポート

〇統合失調症と暴力的犯罪の関係について
  種々の統計では、その関係は特に認められていない。
  ただし、統合失調症と自殺の関係は高い(統合失調症患者の自殺率10%)。
--------------------------------------------------------------------
その後にまず当事者4人から、発症の過程や精神科病院入院生活、また、どのように
幻覚や妄想に対処したか、などの率直な体験発表がありました。

以後は、参加者相互での自由な意見交換及び議論がなされました。
中でも、現状の精神科医療体制への疑問や、社会の受け入れ態勢の不備(精神
障害者に対する企業の雇用態勢の不備など)についての具体的な問題提起があり、
白熱した議論となりました。

私からは以下の提言をしました。
①統合失調症の当事者を取り込んだ社会を構築すべきだし、その際当事者がいることに
よって会社などの組織がプラスとなる方向性を見出すことが必要。
②医療・処遇に関しても、当事者の意見がもっと反映されるべき。
  
村田 晃 心理学博士(PhD University of Denver USA) ・臨床心理士
       うつ心理相談センター所長 

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ