>   >   >   >   >   >  コラム詳細

コラム

2015-10-26

「介護」にどう取り組むか - 私の考え

10月25日(日)に高岡市駅前のウイング・ウイングで行われた「ウイング・ウイング祭」で、市民大学
たかおか学遊塾の公開講座として、-「年をとること」を心理学から考える- との話をしました。

内容は、①年齢の考え方 ②心の発達の考え方 ③高齢期のうつについて、④「介護」にどう取り
組むか、についてです。

ここでは、当日出席できなかった方に、④「介護」にどう取り組むか、の部分だけご紹介したいと思い
ます。

特に「介護」の問題を取り上げるのは、心理専門家としての関心と共に、個人的に私自身が「介護」
する側の当事者だからです。

ですから、以下のことは私自身の個人的体験を基にした私なりの「介護」に対する考えです。
皆さんのご意見・考えもお聞かせいただけたら、と思います。

④「介護」にどう取り組むか
(1)「介護を、自分自身にとっての優先順位を再確認するいい機会、ととらえる。」
(2)「介護に自分なりの『意味』を見出す。」
(3)「介護は、人としての『尊厳』を守るというのが基本。」
(4)「自分と相手の『生活の質』(quality of life)をいかに高めるか、を考える。」

(1)~(4)についての説明:
(1)介護を機会に、自分自身にとっての優先順位を再確認するということ
    不要なものは捨て去る。形式や体裁だけのものは捨て去るいい機会。

(2)介護に『意味』を見出すということ
    全ての行動には「意味」がある。
    誰でも、認知症の人も含めて、「意味のあること」をしたいと思っている。

    例:昨年東京で開催された認知症の「ケアと予防」の国際会議の席上、アルツハイマー型
      認知症と診断されているある人(67歳・女性)は、通っている認知症専門のデイサービス
      で、「自分にしかできない役割を与えられたことで、生きがいを感じることができるように
      なった」。
             ↓
      認知症の人も生きる「意味」を求めているという視点を再確認する必要。

(3)人としての『尊厳』を守るということ
    介護される人に接する際のキーワードは「尊厳」で、「やさしさ」ではない。
    「相手にやさしく接する」にとらわれると、本当には相手のためになっていない可能性あり。

    それよりも大事なのは、「相手の尊厳を守る」という姿勢。これは、相手を対等ととらえる
    という考えに基づいており、真に相手のことを考えていることになる。
    具体的には、人生経験を重ねた高齢者に対し、「幼児や子どものよう」に扱わない。

    相手をどう呼び取り扱うかは、自分自身が相手をどう見ているかを反映している。
    そして、それが今後の自分の態度や行動に影響する。

    根拠: 記憶力などと違って、以前身に付けた多くの技能は、認知症になったずっと後まで
    も保たれる(例:読むこと、ダンスや歌うこと、音楽を聴いて楽しむこと、ものを作ったりなど
    の趣味にひたること、物語を話すこと、昔を振り替えること)(米国メイヨー・クリニックによる)。

    つまり、認知症=全ての能力が同時に低下、とはいえない。
    例えば、言語表現力が弱り言葉がうまく話せないからといって、その高齢者がこちらの言って
    いることを理解していないとはいえない。また言語表現力以外の能力は保たれている可能性
    もある。したがって、もしそのような高齢者が、見かけの様子だけから相手から「幼児や子ども
    のように」扱われたとしたら、内心いかに腹立しく思うかは想像に値する。

    ただ、認知症の人は常に「不確かさ」・「不安感」・「恐さ」を感じ、そのため「保障」・「安心感」を
    求めているといわれている。(例:「自分が何をしたらいいのか、どこへ行ったらいいのか」)

    このような認知症の人に対応するには、
    ・新しいことは避ける。慣れていたことに集中する。
    ・短い言葉で、はっきり話す。
    ・言葉だけでなく、身振り手振りも使う。

(4)自分と相手の『生活の質』(quality of life[QOL])を高めることについて
    長期的に持続可能な関わりを考える時、大事なのは「自分自身のことを第一に考える」こと。
    相手のことを第一に考える姿勢では、結局長続きせず「燃え尽きて」しまい、共倒れになる
    可能性大。

    介護する中で、気分が落ち込んでもおかしくない。(介護している家族の5割近くが、うつの
    症状を経験している、との専門家の意見もある。) また、不安な気持ちを持っても当たり前。

    したがって、無理に「気分は落ち込んでいない、自分は元気だ、大丈夫だ」と思わない。 
    もっと正確には、「自分は、元気で大丈夫でなければならない」と自分を鼓舞しようとしない。
           ↓
    元気がないなら、そうと認める。
           ↓
    助けを求める。「援助を求める」ことが大事。社会資源を最大限活用する。

    ・社会資源の例:

    ○公益社団法人認知症の人と家族の会
      無料電話相談:0120-294-456
     (土・日・祝日を除く毎日、午前10時~午後3時)

    ○同 富山県支部
     【住所】〒930-0093富山市内幸町3-23菅谷ビル4階
     【電話】076-441-8998(電話相談可)
     
    ○「日本認知症ワーキンググループ」当事者の団体(昨年10月11日設立)(フェイス
      ブックあり)
      「認知症の人基本法」策定を国に働きかけるほか、診断後の本人に役立つ冊子
       作りも目指している。
-------------------------------------------------------------------------------
村田 晃(心理学博士 PhD University of Denver USA・臨床心理士)
      (うつ心理相談センター所長)

この記事を書いたプロ

うつ心理相談センター

心理カウンセラー 村田晃

富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 五福交差点角・アリスショッピングセンター横 [地図]
TEL:076-471-6860

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス・商品

Informed Consent Depression Counseling Center...

 
このプロの紹介記事
心理相談・カウンセリングのプロ、村田晃(むらたあきら)さん

増加する“うつ”に、きめ細かいサービスを提供する心理学博士(1/3)

 2010年9月4日にアメリカから帰国したばかりの心理学博士・村田晃さんが、11月からうつに特化した「うつ心理相談センター」(富山市稲荷元町2-10-5、現在は富山市五福末広町1199、アリスショッピングセンター横に移転)を開設。多くの人々...

村田晃プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

心理学博士・臨床心理士 日米で40年の臨床経験 自らうつ経験

事務所名 : うつ心理相談センター
住所 : 富山県富山市五福末広町1199 津林ビルA202 [地図]
五福交差点角・アリスショッピングセンター横
TEL : 076-471-6860

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-471-6860

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村田晃(むらたあきら)

うつ心理相談センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「人は心の悩みをどう解決するか」

心の悩みを持ったときに、皆さんはどうするでしょうか。ここでは、「人は心の悩みをどう解決するか」について考え...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングを受ける前の、三つの一般的なためらい」

前回「人は心の悩みをどう解決するか」では、心の悩みを持ったときに、心理カウンセリングの他に対応策はいろいろ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「カウンセリングにおいての私の面接のやり方」

「カウンセリングの実際」についての私の連載の中で、前々回の「人は心の悩みをどう解決するか」では、各自が既...

[ 心理相談・カウンセリング ]

「模擬カウンセリング実演」ビデオ放映中

11月28日(土)に富山県高岡文化ホールで、生涯学習機関「市民大学たかおか学遊塾」による「たかおか学遊フェスタ...

[ 心理相談・カウンセリング ]

(お知らせ)英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)

私は英語でのカウンセリングも実施しています(Counseling in English)。もしお知り合いの外国人などで英語での...

[ 心理相談・カウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ