>   >   >   >  西田茂基

プロTOP:西田茂基プロのご紹介

施主との対話を大切に、緑あふれるやすらぎの空間をつくる庭づくりのプロ(1/3)

庭づくりのプロ、西田茂基(にしだしげき)さん

手を入れて、こころを込めて、ゆっくり育てていくのが庭なんです

 富山市羽根にある株式会社西田幸樹園は70年以上の歴史を誇る造園設計・施工のプロ集団。坪庭から日本庭園・茶庭・路地、そしてビオトープなどを備えた洋風庭園まで、さまざまなニーズに応えてくれる造園会社です。また、ISO9001:2000の認証を取得。緑あふれるやすらぎの環境を創出し、市民が憩い、感動できる社会環境づくりをめざしています。

 社長の西田茂基さんは、東京農業大学の造園科を卒業し、祖父の代から続く西田幸樹園の三代目となりました。この道一筋に約30年。個人宅の庭はもちろん、公園や公共施設、そして温泉、病院など数多くの施設の造園設計や剪定(せんてい)などの維持管理を手がけ、顧客の信頼を積み重ねています。

 西田さんが手がけた庭を見た方からの問い合わせも多く、口コミでその評判は広がっています。庭は、慌ただしい日常の中でも人に元気と安らぎをくれる、大切な空間。西田さんは穏やかに、庭づくりにかける思いを語ります。

 「庭づくりは本来、一度に完成するものではなく、どんな小さな庭でも、毎年少しずつ手を入れて徐々に育てていくものなんです。『家庭』という言葉は、家と庭でできていますよね。家は守っていくもの。そして、庭は子どもと一緒で、育て、育んでいくものだと思うのです。いまの世の中は、何でもすぐに完成品を求めてしまいがち。個人の庭でも、狭いところに、最初からたくさんの木が植えてあることが多いですね」

 例えば、山法師や紅葉は、山の木でどんどん大きくなりますが、いずれは伐採しなくてはいけなくなるほどの狭いスペースに植えてあることも多いとか。「昔のお客さまはそのあたりをよくご存じで、少しずつ手を加えていったものです。やっぱり庭は、ゆっくり育てていくものだなと、最近つくづく思うんですよ」

 また、日陰を好む木、日当りのいい場所が好きな木など、樹木によって特性があり、針葉樹と広葉樹では、剪定など手入れの時期も異なります。「木は生き物ですから、いかに大切に扱うか、木の気持ちになって考えています。水はけのいい土づくりに努め、化成肥料に頼らない、剪定木をチップにした堆肥も使っています」

<次ページへ続く>

【次ページ】 自然石をつかった日本庭園から、ビオトープのある庭まで

西田茂基プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社西田幸樹園
住所 : 富山県富山市羽根1546-1 [地図]
TEL : 076-421-2620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-421-2620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西田茂基(にしだしげき)

株式会社西田幸樹園

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ