田川考作

たがわこうさく

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

[ 小矢部市 ]

職種

コラム

 公開日: 2012-04-17  最終更新日: 2014-06-04

白内障手術中の合併症・トラブル、安全な手術を心がけて

先日の学会で別料金を払ってまでして、国内の有名な白内障術者から「破嚢からのリカバリーテクニック」を直接指導頂きました



詳しくは以下

白内障手術で避けて通れない合併症である破嚢 はのう

慎重に白内障手術をしていても 薄い皮一枚でできている水晶体嚢を破壊してしまうことは あり得ます…(これが破嚢)

今回の学会発表している、とある病院の破嚢発生率は2%

小矢部たがわ眼科は ここ二年間 破嚢発生率は なんと驚きの0%(自分でも嬉しい素晴らしい数字です)


ただ、私の尊敬する先輩の眼科でも0%らしく 先輩方から学ぶこともまだまだ多いと思っています
とにもかくにも、自分で破嚢を起こしてないため、その直し方(リカバリーのテクニック)を実践するチャンスが無いという嬉しい数字の裏に潜む懸念がずっとありまして…

今回の学会で別料金を払ってまでして、国内の有名な白内障術者から「破嚢からのリカバリーテクニック」を直接指導頂きました


という集中した時間を過ごしたため 終わった後から聴いた別の講演は半分寝てました(普段、講演で寝ることは、ほぼ無いのに)


前日、他の眼科医方とビール飲んだせいかもしれませんが

院長ブログは下記をクリック
http://ameblo.jp/kzexxpr/

パソコン ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/

携帯電話 ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/i/


この記事を書いたプロ

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山 [ホームページ]

眼科医 田川考作

富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL:0766-67-8910

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
近視・老視矯正手術のプロ、田川考作(たがわこうさく)さん

近視・老視矯正手術を行う県内で極めて稀少なダブルライセンス(医学博士かつ眼科専門医)の医師(1/3)

 現代、増加傾向にあると言われる“近視”。「コンタクトがすぐ曇る」「希望の職に就くには視力が必要」などといったさまざまな理由で県内外から多くの患者さんが訪れているのが、小矢部市にある「小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山」です...

田川考作プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : 小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山
住所 : 富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL : 0766-67-8910

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-67-8910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田川考作(たがわこうさく)

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
中高年の近視矯正手術(フェイキック) 40、50、60代
イメージ

先々週土曜日午前に眼科診察、午後に近視フェイキック手術(ICL挿入手術)と白内障手術をしました。近視フェイ...

コンタクト原因で目が開けにくい、中高年の近視矯正手術にLASIK(レーシック)
イメージ

若い人だけでなく、中高年の近視矯正手術にLASIK(レーシック)を行っています。50代の女性で長年のコンタクトレンズ...

近視フェイキック(ICL)手術  近視ICL手術インストラクター(北陸で1人)
イメージ

先月 3月の3連休も 私 眼科医たがわは3連休なく仕事をしていました。土曜午前診察、土曜午後手術(近視フ...

金沢大学医学部(医学類)受験・入学
イメージ

国立大学の入学試験、合格発表、卒業式は終わり、またそろそろ入学式の時期が近いですね!この季節にもピッ...

医療費を安く(3月中旬)、白内障・近視手術(レーシック、フェイキック)も適用(税金の確定申告)
イメージ

近視矯正手術 約3千眼の執刀経験。レーシックのみならず、PRK、フェイキック(眼内コンタクト挿入術)も自在に執...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ