田川考作

たがわこうさく

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

[ 小矢部市 ]

職種

コラム

2013-06-06

サッカー本田選手、近視レーシック手術失敗を検証する

先日、サッカー日本代表の本田選手がペナルティーキックを成功させ、ワールドカップ出場を決めました

おめでとうございます



素晴らしい活躍の本田選手を称えるテレビなどのマスコミ報道
それは当然ですが、
しかし数ヵ月前までのマスコミ報道は、その正反対でした

今年三月に放送されたNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で
本田選手の特集

普段テレビを見ない僕も、この時は最初から最後まで見ました

膝の故障で思うようにプレーできず、辛い中でも前向きに練習しているという内容

この番組はさすがにNHKですから、事実通りで、いい加減な脚色は無く良い番組と感じました


が、酷かったのがその数週間後に発売された週刊文○


「仕事の流儀」の視聴率が高かったから便乗して、しかも面白可笑しく推測で書いたような内容
(要は一般の人の気を引く衝撃的記事にして、○春が沢山売れさえすれば良いという目的)







以下は春頃の一連の経緯(引用)です
この話題の考察・検証はまた後日


本日(4月4日)発売の「週刊文○」(文藝春秋/4月11日号)が、サッカー選手の本田圭佑に「レーシック手術失敗疑惑」があると報じている。
 ワールドカップ・アジア最終予選ヨルダン戦が行われた3月26日、同試合を欠場していた本田は右足首治療のため日本に帰国していた。当初、所属事務所は1週間ほど日本に滞在するとしていたが、その後、4月9日くらいまで滞在すると発表。怪我の具合が心配されていた。

 そんな中で出た文春の記事によると、屈強なフィジカルが売りの本田だが「今年に入り発熱や腹痛といった怪我以外の理由で試合を欠場することが多くなった」という。その体調不良の原因は、レーシック手術の後遺症ではないかと、サッカー関係者の間で囁かれているというのだ。

 本田は昨年6月、新宿近視クリニックの広告キャラクターに起用され、本田自身も同クリニックでレーシック手術を受けている。だが、3月25日に放送された、本田を追ったドキュメンタリー番組『プロフェッショナル仕事の流儀 特別編』(NHK)でのインタビューシーンにおける彼の表情には明らかに違和感があり、ネットの一部では「レーシック手術の影響ではないか」との声が上がっていた。

 対して、文春の記事では、レーシックに詳しい眼科専門医が番組映像を見て、「眼瞼下垂の症状が出ている」と指摘。さらに、0.4であった視力を2.0に改善したことについて、「過矯正の可能性がある」とも語っている。その過矯正による眼精疲労により、腹痛や体調不良などの症状が出ることもあり、最近の本田はそれらに悩まされているのではないかというのだ。

 レーシック手術とは、レーザーを照射することで角膜を矯正し、視力を回復させるというもの。日帰りで手術を受けることができるため、メガネやコンタクトレンズから解放されたいと考えている人たちに人気だ。スポーツ選手ではゴルフのタイガー・ウッズや野球の松坂大輔らも手術を受けている。また、今回の本田のように、堀江貴文・元ライブドア社長やお笑いタレント・後藤輝基(フットボールアワー)、オリックス・バファローズの糸井嘉男らの有名人も、レーシック手術を受け、その体験談をクリニックのホームページでなどで語るといった“広告塔”を担っている。

 
 しかし、09年には東京の「銀座眼科」で、ずさんな衛生管理がもとでレーシック手術を受けた67人の患者が角膜炎などの感染症を発症している。

 また、レーシック手術による合併症として、夜間に光が眩しく感じるハロ・グレア現象やドライアイ、視力の低下、色のコントラストを識別するのが難しくなる、角膜拡張により近視や乱視がひどくなることもあるという。さらにFDA(米国食品医薬品局)の調査によると、米国でレーシック手術を受けた人の半数に後遺症が出ているとも伝えられている。安全性は高まってきているといわれるが、経験や技術がない医師による施術でリスクが高まったり、術後のケアを間違えることで悪影響が出ることも懸念されているのだ。

 文春の取材に対し、本田の所属事務所と新宿近視クリニックは、手術が失敗したことを否定しているが、日本サッカー協会・強化担当技術委員長の原博実氏は「所属チームが公表していないことは、協会は公表できない」と歯切れの悪いコメントを残している。サッカー日本代表が誇る中盤でも本田は今や欠かせない選手だけに、一日も早い復帰を期待したい。







小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山
ホームページから 「お問い合わせ」をクリックにて簡単にメールできます。

メールアドレスは kzexxpr@yahoo.co.jp
です。
お電話なら 0766-67-8910(ろく、なな、はち、きゅう、じゅう。留守電に お電話番号、お名前を録音頂ければ折り返し、当方から電話致します)

24時間 お気軽にご利用ください。






近視・乱視・老眼矯正手術 白内障手術の

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山


院長ブログは下記をクリック
http://ameblo.jp/kzexxpr/





パソコン ホームページ

http://www.tagawa-ganka.com/





携帯電話 ホームページ

http://www.tagawa-ganka.com/i/

この記事を書いたプロ

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山 [ホームページ]

眼科医 田川考作

富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL:0766-67-8910

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
近視・老視矯正手術のプロ、田川考作(たがわこうさく)さん

近視・老視矯正手術を行う県内で極めて稀少なダブルライセンス(医学博士かつ眼科専門医)の医師(1/3)

 現代、増加傾向にあると言われる“近視”。「コンタクトがすぐ曇る」「希望の職に就くには視力が必要」などといったさまざまな理由で県内外から多くの患者さんが訪れているのが、小矢部市にある「小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山」です...

田川考作プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : 小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山
住所 : 富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL : 0766-67-8910

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-67-8910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田川考作(たがわこうさく)

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
視覚障害者 電車のホーム 重大事故
イメージ

盲導犬連れた男性が転落 東京メトロ、電車と接触し重体8月15日午後5時45分ごろ、東京都港区の東京メトロ銀座線...

頭痛 肩こりも治る?  眼鏡・コンタクト不要の近視レーシック手術(LASIK)
イメージ

20代女性裸眼視力を良くするために近視矯正LASIKを希望して小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山...

八尾おわら風の盆(富山市八尾町) 白内障+老眼矯正手術
イメージ

近視矯正手術 約3千眼の執刀経験。レーシックのみならず、PRK、フェイキック(ICLという眼内コンタクト挿入術)...

暑い夏の熱帯夜 高温(夏バテ 熱中症 脱水の対策)
イメージ

気温の高い日々が続いてますが 私は元気に 夏バテもなく集中力途切れること無く、先週土曜も午前 眼科...

夏のゴルフ・釣り・山登り・海水浴・キャンプ・畑仕事・ラン
イメージ

ゴルフ・釣り・山登り・海水浴・キャンプ・畑仕事・ランニングをされる方々へ毎日暑い夏です。夏の強い日差...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ