田川考作

たがわこうさく

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

[ 小矢部市 ]

職種

コラム

 公開日: 2018-03-13 

ポスト・近視レーシック?ICL手術(富山、金沢市)  jijico掲載記事

先週から話題の近視ICL手術(笑)(ヒント AKB)


既に4年前に私 たがわがjijicoにて解説していました(忘)
ICLはその当時 ホール有りの製品となり合併症リスクを更に少なくしたタイプへ進化しています。
以下4年前に私が執筆した記事です。


ポスト・レーシック?ICL手術のメリット・デメリット
2014年9月22日

度数が強い、角膜が薄い場合はレーシックで治しにくい
ポスト・レーシック?ICL手術のメリット・デメリット現在、近視矯正手術で主役のLASIK(レーシック)。近視をレーザーで精度良く治すことができ、有名芸能人やスポーツ選手、眼科教授・准教授の医師たちも受けたことから一般にも広く普及し、その恩恵を受けた患者は数多くいます。日本では、すでに100万眼以上の件数が実施されました。ただ、これだけ大量だと、問題のない患者が大部分を占めたとしても、稀にありうる不都合な症状を感じる人も一部存在し、その一部の声が反映されて「レーシックは良くない」という誤った解釈がなされています。

しかし実際、度数の強くない、軽・中程度の近視矯正なら現在でもレーシックで十分治せますが、度数が強い、角膜が薄い、角膜形状に異常がある場合は治しにくい現状があるのも事実です。

近視度数の強い患者に適している「ICL挿入手術」
このような患者の近視矯正に適しているのが「フェイキックIOL挿入手術」、すなわち「ICL挿入手術」です。イメージとしては、眼内に取り換え不要のソフトコンタクトレンズを入れる方法です。日本では2010年に厚生労働省の認可が下り、2011年には近視のみならず乱視矯正ICLも認可されました。そして、2014年には「穴あきICL」も認可が下り、患者の茶色目(虹彩)に穴を開ける必要がなくなり、さらに楽に負担少なく受けられる手術となったのです。



国内初のICL手術は、1997年、北里大眼科の清水教授によって執刀成功され、すでに17年の歴史があります。メリットは、術後の結果に不満・合併症があれば、レンズを取り出し元の状態に戻すことができること。近視度数の強い患者をレーシックで治すと、角膜をたくさん削る必要があり、難易度が高くなります。その結果、術後誤差が大きくなったり、近視が再発したりして結果が芳しくない場合があります。ICLは度数が強くても軽くても、一枚のレンズを目に入れる同じ手術方法のため、難易度に差が生じることはありません。

手術費用が高額だが、保険で給付金が支給されるケースも
デメリットとしては、レーシックと異なり、目の中を触る手術のため、眼内炎など目の中の不具合が稀に起きる可能性があることです。しかし、ICLは白内障手術に似た方法であり、国内のICL認定医は白内障手術に熟知した眼科医師のため安心して受けられる施設がほとんどでしょう。また、手術費用が両眼で60万~100万円と高額であることもデメリットです。しかし、民間の生命保険会社の給付金が支給されるケースもあり、加入されている患者は保険会社に確認してみると良いでしょう。

世界的に普及し、日本でも広まりつつあるICL手術。近視・乱視を治したい人は、ICL認定眼科で、適応があるか否か気軽に相談してみることをお勧めします。






厚労省認定の先進医療施設
【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】は
三井アウトレットパーク北陸小矢部から車で3分。


眼科専門医かつ医学博士の
近視レーシック執刀医は北陸で私含めて2人のみ!

日本眼科学会の近視手術講習も受けて近視レーシックを眼科的・学術的に正しく行っております。





数多くの学会発表(白内障、近視矯正、老視矯正、LASIK、ICL手術に関する)の経験。
白内障手術は約6千眼の執刀経験。
眼科専門医かつ医学博士の私 たがわが責任持って施術致します。



厚労省認定の先進医療施設
【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】
ホームページから 「お問い合わせ」をクリックにて簡単にメールできます。

メールアドレスは kzexxpr@yahoo.co.jp
です。
お電話なら 0766-67-8910(ろく、なな、はち、きゅう、じゅう。留守電に お電話番号、お名前を録音頂ければ折り返し、当方から電話致します)
24時間 お気軽にご利用ください。



近視・乱視・老眼矯正手術 白内障手術の
【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】

院長ブログは下記をクリック
http://ameblo.jp/kzexxpr/

パソコン ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/


携帯電話 ホームページ
http://www.tagawa-ganka.com/i/



【小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山】にお越しの方へ
三井アウトレットパーク北陸小矢部から車で3分
googleの地図内のストリートビューで事前確認されると迷わずご来院できるかと思います

この記事を書いたプロ

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山 [ホームページ]

眼科医 田川考作

富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL:0766-67-8910

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
近視・老視矯正手術のプロ、田川考作(たがわこうさく)さん

近視・老視矯正手術を行う県内で極めて稀少なダブルライセンス(医学博士かつ眼科専門医)の医師(1/3)

 現代、増加傾向にあると言われる“近視”。「コンタクトがすぐ曇る」「希望の職に就くには視力が必要」などといったさまざまな理由で県内外から多くの患者さんが訪れているのが、小矢部市にある「小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山」です...

田川考作プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

医院名 : 小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山
住所 : 富山県小矢部市小矢部町7-12 [地図]
TEL : 0766-67-8910

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0766-67-8910

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田川考作(たがわこうさく)

小矢部たがわ眼科・金沢視力矯正レーザーセンター富山

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
連休中のレーザー近視矯正手術,LASIK(富山、金沢)
イメージ

連休初日土曜日はレーザー近視矯正手術8眼行いました。内訳は近視PRK2眼、近視LASIK6眼です。全て予定通り安全...

多焦点眼内レンズ挿入の白内障手術や近視ICL手術にこだわる
イメージ

要点多焦点眼内レンズ挿入の白内障手術や近視ICL手術の患者さんで45歳以上の場合、コントラスト感度を測っていま...

休日利用の白内障手術、近視LASIK手術、近視ICL手術
イメージ

4/28土曜手術(近視LASIK手術)5/2水曜手術(白内障手術、近視ICL手術)5/3木曜祝日診療します。ご希望の方...

中高年の老眼を治すLASIK(レーシック)(白内障が無い人向け、富山、石川県)
イメージ

中高年の老眼を治すLASIK(レーシック)(白内障が無い人向け)60代の女性で遠視かつ老眼の患者さん。年齢を重...

北陸の大雪と白内障手術(単焦点、多焦点レンズ)、 近視・老眼手術(LASIK, ICL手術)
イメージ

この冬は大雪で小矢部たがわ眼科に通院できなかった患者さんもいますが当院で予定していた眼科手術(近視LASIK、...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ