コラム

2015-01-05

足先の冷えの間違った対処法

雪が降り積もり底冷えとも言える足元の冷え。
今まで見たことのない足指の温度を観測しました!
「15℃」
体温が36℃だとしても20℃も体の中で温度差があるなんて…



先日もご来店されたお客様で間違った冷え対策をしている方がいらっしゃいました。
今回は「足先」だけが冷えてしまう人に共通しやすい3つの習慣をご紹介いたします。

特徴1:靴下の重ねばきや、硬い靴をはいている
足が冷えないように、靴下の重ね履きをしたり、モコモコのスリッパを履いている人もいるかもしれません。または、仕事などで、ヒールや革靴などの硬い靴をはいていませんか?
足をおおってしまうことで、足の動きが制限されてしまい、足先への血流が滞ってしまうことがあります。
本来歩いているときは、足がそるように曲がったり、足先が地面をつかむような動きをします。けれど、靴下や靴を履いている時間が長いと、足裏でうまく地面を感じることができずに、足の筋肉は衰えてしまいます。

改善策

できるだけ家では、レッグウォーマーに布草履。外出はたまにスニーカーを履いたりすることで、足を自由にする時間を作ってあげることも大切です。ON・OFFの時間をつけて、足本来の動きを取り戻すことで、筋肉が動き、足先まで温めることができます。

特徴2:温めてすぎていませんか?
冬には、ストーブや半身浴はかかせませんよね。足先の冷え性だと、「温めなければ生活できない!」ということがほとんどだと思います。確かに、「冷やさない」ことも大切ですが、外側から温めてばかりいると、血管を伸縮する働きが衰え、熱を生み出す力がなくなってしまうことがあります。
私たちは体を動かして血流を促し、その流れが毛細血管を刺激します。そして、その刺激が新たな毛細血管を増やしているのです。だけど、外側から温めてばかりで、体を動かさなければ、毛細血管は刺激されず、どんどん「消滅」していきます。温めれば温めるほど体はそれに甘えきってしまい、自ら温める力を失ってしまうのです。

冷やさないことは大切です。冷房の効いている部屋にいたり、冷たい飲み物ばかりでは、体はキンキンに冷えてしまいます。温めすぎてしまうのも、温める力を低下させてしまう、大きな原因の一つです。

改善策

便利な暮らしの中で、「心」をラクにするだけではなく、たまには「体」が気持ちいいと思うことをすることも大切です。
時間があるときは、掃除機をやめて水拭きに変えてみたり、近所の公園まで散歩して、植物の癒しを感じる。ジムに通って運動をしなくても、一石二鳥になる動き方はたくさんありますよね。毎日のほんの小さな積み重ねが、あなたの足を温めるための秘訣です。

特徴3:体がゆがんでいる
足の血流を悪くしてしまっているのは、筋肉だけではありません。足の骨のゆがみや不調を抱えている人は、血管が圧迫され、足先への血流が滞りやすくなります。足先ばかりに目が向きがちですが、体のどこかが歪んでいるだけでも、体の末端の足先への血流は、滞ってしまいます。
目に見えるものだと、O脚や、X脚などの脚のゆがみや、関節痛や、腰痛など、目に見えないけれど、痛みになって現れているものもあります。あなたの体はゆがんでいませんか?

改善策

日常の小さなゆがみであれば、寝ているときに寝返りをうつことで、毎日リセットされます。
そのゆがみが蓄積されてしまうと、目に見えるほどの歪みや、痛みなどの不調となって現れます。

足先は自ら温める力をもっている。けれど動かさなければ意味がない!

足は小さな面積で体を支えています。その足をケアしてあげなければ、冷たく硬くなってしまいます。どんなに氷のように冷たくても、どんなに感覚がなくなってしまっていても、必ず熱を生み出すことができます。動かさなければ何の意味もありません。
人は、二足歩行の生き物。けれど今では仕事などで、座りっぱなしや、立ちっぱなしの時間が多くなり、体の機能をうまく使えていません。それをいくら外側から温め続けても、熱を生産する力がつかなければ、一生温め続ける作業をしなければいけません。

動けば温かくなる。とてもシンプルで当たり前なことなのに、当たり前のようにこなせている人はあまり見かけませんよね。便利な世の中にどうしても甘えがちですが、たまには体が気持ちいいと思えることをしてあげてくださいね!

体温を一度上げるリフレクソロジー専門店
〜Refuge〜
ホームページリニューアル致しました!
http://www.r-refuge.com/
「足からのメッセージ」
http://profile.ameba.jp/hiropyonworld/

この記事を書いたプロ

Refuge (リフュージュ) [ホームページ]

リフレクソロジスト 中川広美

富山県富山市富岡町86 ノーヴァⅠ-102号室 [地図]
TEL:090-2378-4466

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
お客様の声
イメージ

【お客様のご感想】ご来店/2015.10.29/Yさま女性1、本日の体調はいかがですか?悪い→背中、肩こり、首まわり2、今回の施術で改善したい事は?血の巡...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
中川広美 なかがわひろみ

足裏健康法「リフレクソロジー」で、心と体の健康づくりに貢献(1/3)

 富山市富岡町。閑静な住宅街にあるコーポの一室に中川広美さんが経営するリラグゼーションサロン「Refuge(リフュージュ)」があります。Refugeとはフランス語で隠れ家という意味。落ち着いた色調のインテリアや控えめな照明、心地よいアロマの...

中川広美プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

体温を1℃上げる事が出来るRefuge独自技術

店名 : Refuge (リフュージュ)
住所 : 富山県富山市富岡町86 ノーヴァⅠ-102号室 [地図]
TEL : 090-2378-4466

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2378-4466

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中川広美(なかがわひろみ)

Refuge (リフュージュ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ピン!と来て予約しました

【あなたのお声を聞かせてください】 2014.11.7 立山町 Kさ...

K・H
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分で出来る妊娠体質の作り方
イメージ

【35歳からの妊活】※毎月一回(毎月第三月曜日)お勉強会開催しています♪女性の体の月経、排卵、妊娠は女...

[ 35歳からの妊活 ]

朝起きられない、疲れやすい…こどもの「低体温」
イメージ

ここ最近、子育て中のお母さん方の悩みに一番多いのが「こどもの低体温」こどもの足が異様に冷たいんです…平熱...

[ こどもの低体温 ]

冷えのぼせ対策

「冷えのぼせ」って聞いた事ありますか?普段冷えを感じており、または足が冷えているのに顔や頭がぼーっと暑く...

[ 冷えが原因 ]

子供の低体温

【子供の低体温】~早起きして朝食しっかり~朝食を毎日とる!このあたりまえの習慣ができていない子が増え...

[ こどもの低体温 ]

ダイエットしても痩せられない人へ
イメージ

大好きな月曜日♪今朝も外ラン♪いつもより少しペースが速く、とっても気分よく走れました☆今ではダイエットと...

[ ダイエット ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ