コラム

 公開日: 2015-04-26  最終更新日: 2015-04-27

北陸新幹線・グランクラスのセレブなお作法(その2)

シートに座ってもなにか落ち着かない


そして前回からの続きです。シートに深々と体を預け、足が床に届かないことはさておき、スリッパに履き替えてリラックスできるとおもいきや、何かが気になりはじめます。とても小さなことですが、何か不便に感じることが出てきます。

北陸新幹線・グランクラスのセレブなお作法(その1)
北陸新幹線・グランクラスのセレブなお作法(その3)
北陸新幹線・グランクラスのセレブなお作法(その4)
北陸新幹線・グランクラスのセレブなお作法(その5)

グランクラスの「ゴミ問題」


「ゴミ」です。ゴミの置き場ありません。スリッパを取り出すためのあずき色の袋を空けるときに、小さなシールを破る事になりますが、この小さな紙切れの置き場に困るはずです。大きさは1センチ四方の小さな金色の紙ですが、右を向いても左を向いても上を見ても下を向いてもゴミを置けそうな適当な場所がないのです。

普通車ならば前席の背もたれにある網の中に入れるとか、ガラス窓の下の小さなテーブルのような場所があるのですが、グランクラスは和のおもてなしを尽くす場所、複雑な曲面で構成された空間に、ポケットとか、平面になったところはありません。

それだけではありません。きっぷを置くための場所、渡されたおしぼりを置く場所(そのおしぼりも豪華に2種類もある)、そのビニールの袋を置く場所、ケータイ電話を置く場所、その小さな困り事は時間とともに加速度的に頭を悩ませます。

ガラス窓の下におけると思うでしょ?写真をご覧ください。



丸くなっていて置けないんです。きっぷも置けません。濡れたおしぼりが精一杯です。これも乾くと床に落ちてしまいます。セレブは床に落ちたものを拾ってはいけません。きっぷを置いたら最後、床に落ちてそれは捨ててしまったも同然、すました顔で気にしてはいけないのです。3万円ごとき、降りた駅の精算所でもう一度払えば済むことなのです。。。

複雑な引き出しテーブル

テーブルがあるはずだと思うでしょ?写真をご覧ください。

このテーブル、かなりマニアックな作りになっています。引き出すには、今まで経験したことのない動作が必要になってきます。例えれば、日本古来の「侍」が刀を抜くような動作といえばいいでしょうか、テーブルを右手で遠くへ放り出すような、ある意味感心しますが、そんなセレブ感あふれる(?)動作が必要です。

そして、「刀を抜いて」肘掛けの上に渡したら、そこで終わりではありません。閉じた葉っぱを開くような動作が更に必要です。これをしないと、専任アテンダントの人が親切に開いてはくれますが、それでは「わたしグランクラス初めてなので使い方知らないんです」と白状しているようなものです。



テーブルを引き出したら最後、席を立てないしくみ

次に、これがまたクセモノです。このテーブル、一度開くと、席を立つときに片付けなければなりません。普通車やグリーン車では、テーブルに置いたものを背もたれの網ポケットに移してから、テーブルを前の背もたれに押し付けてつまみをヒネれば1秒経たずに席を立てるようになります。めんどくさい時には隣の席のテーブルを用意して、そこに荷物を水平移動させて自分のテーブルを片付ければ席をたつことができます。

しかしグランクラスではそのような横着な方法はお作法ではありません。隣の席とも距離があります。高級とは、お作法とは「手続き」を意味します。必ず手順を踏んで、テーブルの上のものをいったんかばんに格納して、呼吸を整え、侍が刀を収めるように格納してから、電動シートを戻して足を床につけてから、席を立たなければいけません。ここ、意外と重要なことですので、よく予習してイメージトレーニングしておきましょう。

わかりやすく言うと、テーブルの上に飲み物が置いてあったり、食事が広がっている場合には、トイレに立つことはできないのです。

グランクラスのお作法(その2)


・小さなゴミ入れを用意しておこう
・座席の回りにもの置きはほとんどない
・テーブルを広げるとシートから離れられなくなるので注意しよう

北陸新幹線・グランクラスのお作法(その3)へ

▼著作です▼

不動産のことが本当に2時間でわかる発売11版の定番本
 『不動産のしくみがわかる本(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理ビジネスの創業ノウハウを図解入りでわかりやすく書いた本
 『空き家管理ビジネスのしくみ(同文館出版DO BOOKS)』

空き家管理実績全国No.1の著者が書いた、6つの空き家術を駆使してお荷物空き家の解決する本
 『闘う!空き家術(週刊住宅新聞社)』

この記事を書いたプロ

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社 [ホームページ]

不動産鑑定士 中山聡

富山県砺波市三郎丸355-11 [地図]
TEL:0763-34-7166

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中山聡 なかやまさとし

プロもうなずく不動産のプロとして、サポート(1/3)

 城端線油田駅から徒歩6分のところにある、「わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社」。東京や大阪で不動産を中心に取り組んでいた不動産鑑定士の中山聡さんが、平成24年にUターンし、その翌年に設立したオフィスです。行政書...

中山聡プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

個別の案件ごとに異なる体制と方法で課題解決

会社名 : わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社
住所 : 富山県砺波市三郎丸355-11 [地図]
TEL : 0763-34-7166

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0763-34-7166

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中山聡(なかやまさとし)

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
著作「闘う!空き家術」を上梓しました。
イメージ

こん○○は。 さて、明日(10月27日)、「闘う!空き家術」(週刊住宅新聞社)を出版することになりました!...

[ ご相談 ]

6月19日福井新聞朝刊に担当したセミナーの内容が掲載されました
イメージ

こん○○は。先般空き家について担当したセミナーの様子が、今日の福井新聞に掲載されました。写真では、多...

[ ご相談 ]

6月15日FMとなみで不動産の質問に答えるコーナーを担当します。
イメージ

こん○○は。明日になりましたが、FMとなみの番組内で12時20分から不動産の質問に答えるコーナーを担当します...

[ ご相談 ]

6月2日の福井新聞にセミナー開催の記事が掲載されました
イメージ

こん〇〇は。6月17日に福井市で空き家についてのセミナーの講師を担当しますが、その記事が地元福井新聞に掲載され...

[ ご相談 ]

livedoorニュースに「中古マンションをリノベーションして失敗した」コラムが掲載されました。
イメージ

こん○○は。コラムも書きました!「失敗した!中古マンションをリノベーションしたAさんに襲いかかる高い...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ