コラム

 公開日: 2015-12-02  最終更新日: 2015-12-17

中日新聞掲載のコラム「快適 自力リフォーム」が掲載されました

こん〇〇は。

中日新聞にコラムが掲載されました。


中日新聞コラム 快適自力リフォーム


空き家を安く購入して自分で修理する人たち


地方では200万円、300万円出せば、空き家を探すことは可能です。ただ、問題はいくつかあって

1.ローンは使えない(と思ったほうが良い)
 ほとんどの場合、担保価値はありませんので現金で購入することになります。

2.間取りが古い
 昔の家屋の間取りは、細かく仕切られていることが多く、リビングとダイニングとキッチンが一部屋になったような、広く取る間取りではありません。和室、洋室が部屋ごとにわかれているので、部屋が変わるごとに約5センチの段差もあります。

3.寒い、暑い
 「家は夏を旨とすべし」とは徒然草の有名な言葉ですが、昔の家はなるべく隙間を多く開けて空気が通るように作られているので、断熱性能、気密性能はないに等しいと思ってよいでしょう。雨が入っても、隙間が多ければ外に出ていく、あるいは雨の日に濡れても晴れた日に乾く、そんな大味な特徴があります。

4.何がいるかわからない
 鳥の巣、蜂の巣、ハクビシン、シロアリ、コウモリ、ヘビ、コオロギ、ゴキブリ・・・・古い家は室内でも自然が感じられるかもしれません。

程度の差こそあれ、そんな古い家ですから、修理することが必要です。自分でできないことはプロに任せるのがいいと思いますし、無理してケガをするくらいなら、何もできないほうがよっぽどマシですが、とはいえ自分の知識と能力と限界をわかったうえで、自分で家を修理して、楽しく田舎暮らしをする人たちがいるのです。

自分で修理するとお得?


家の修理を業者に任せると、大雑把に言って、4割は材料費、4割は人件費、残り2割は管理費(利益)です。立派な業者にリフォームを依頼すれば、残り2割が残り3割になることもあります。もし、自分で修理することができれば、材料費の4割で済む、そんな理由で古い家を格安で購入して自分で修理しよう、そう思うのも自然なことです。

また、自分で修理すれば、自分の思うようにすることができます。あそこに棚がほしい、このドアはこんなふうに開いてほしい・・・・自分で思い通りに変えることもできます。写真のお宅には、増築の小屋部分がありますが、よく見ると雨風にさらされる外側の戸に、部屋を仕切る障子をはめ込んでいます。

自力リフォームで快適な家になるか?


コラムでは字数制限があるので触れていませんが、自力リフォームなら快適なものになるかと言われれば、それは人によります。比較的時間があって、工具を買い揃えたりすることが楽しいのであれば、少しずつですが快適な家になっていきます。しかし、多くの人は挫折するかもしれません。その理由は、

 1.思っているより相当大変
 自力リフォームの最大の問題点はココです。1平米の壁を改造するとしても、クロス→石膏ボード→下地→断熱材→構造材→防水紙→下地→外壁とありますので、まずこの順番で解体して、逆に作っていきます。往復で10以上の処理が必要になります。見た目の10倍大変、ということでもあります。私たちが見ている部分は氷山の一角なのです。

 2.知識を身につける時間がない
 これも重要です。大体の知識はインターネットで探せばわかります。実際に自分でDIYしている人のブログを見れば、こんな風にするのかと雰囲気はつかめます。ただ、検索して探して読んで理解する手間がかかります。そして、それをいきなり買った家でやってみるわけです。

 3.作業途中で危ない時がある
 床を抜いたり壁を抜いたりして、日も暮れたり、疲れたりすると、作業途中で休憩したり、また明日・・となります。その途中の状態は、床に穴が開いていたり、釘が出ていたり、工具をそのままにしたり、不用意に近づいたりすると危険な場合があります。作業者本人以外にも家族、特に子供がいる場合には、気をつけなければなりません。

少しづつできることが増えると、楽しい


自力リフォームは思っている以上に大変なこともありますが、その分充実感もひとしおです。このコラムでは、実際のつぎはぎ住宅を楽しんでいる方を題材に、楽しく自力リフォームしている人達がいる、ということを紹介しています。

この記事を書いたプロ

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社 [ホームページ]

不動産鑑定士 中山聡

富山県砺波市三郎丸355-11 [地図]
TEL:0763-34-7166

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中山聡 なかやまさとし

プロもうなずく不動産のプロとして、サポート(1/3)

 城端線油田駅から徒歩6分のところにある、「わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社」。東京や大阪で不動産を中心に取り組んでいた不動産鑑定士の中山聡さんが、平成24年にUターンし、その翌年に設立したオフィスです。行政書...

中山聡プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

個別の案件ごとに異なる体制と方法で課題解決

会社名 : わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社
住所 : 富山県砺波市三郎丸355-11 [地図]
TEL : 0763-34-7166

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0763-34-7166

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中山聡(なかやまさとし)

わくわく法人 rea 東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
著作「闘う!空き家術」を上梓しました。
イメージ

こん○○は。 さて、明日(10月27日)、「闘う!空き家術」(週刊住宅新聞社)を出版することになりました!...

[ ご相談 ]

著作「空き家管理ビジネスがわかる本」がyoutubeの書籍紹介に登場しました
イメージ

こん○○は。著作「空き家管理ビジネスがわかる本」(同文館出版DO BOOKS)が、「よむタメ!@スギ Vol.256『空き...

[ ご相談 ]

著作「闘う!空き家術」が朝日新聞の書籍ランキング「週間ベスト10」で2位に入りました
イメージ

こん○○は。著作「闘う!空き家術」(週刊住宅新聞社)が、昨日付の朝日新聞の書籍欄「週間ベスト10」の2位...

[ ご相談 ]

著作「闘う!空き家術」が八重洲ブックセンター本店のノンフィクションで1位になりました!
イメージ

こん○○は。なんと、11月に出た著作「闘う!空き家術」(週刊住宅新聞社)が、八重洲ブックセンター本店のノ...

[ ご相談 ]

著作「闘う!空き家術」が朝日新聞の広告に掲載されました
イメージ

著作「闘う!空き家術」(週刊住宅新聞社)が、今日の朝日新聞朝刊の広告に掲載されました。いわゆる三八...

[ ご相談 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ