コラム

 公開日: 2015-09-07 

省エネルギー生活 ~照明~

住宅のなかで、1番消費電力の大きいものは何でしょう?
第1位は24時間稼働している電気冷蔵庫が14%を占めています。

では13%と1位とほぼ変わらない消費量がかかっているものはなんでしょうか?
第2位は照明器具です。

実は、家庭の省エネルギー生活のポイントはこの“照明器具”にあります。

例えば、ひと昔前までは電力を多く消費する白熱灯器具や蛍光灯銅鉄安定器具が主流でした。
ところが、LED器具に取り替えると、省エネ性・安全性・快適性がぐんと向上するだけでなく、ランプメンテナンスも不要です。

どのくらい省エネかというと、一般的な住宅でみてみると20年ほど前に主流だった照明プランでは
年間電気代は約77,535円、年間ランプ交換費約7,300円、年間CO2排出量は約1,290kgでした。

それをLEDを使った照明に替えるだけで…
年間電気代は約14,630円、年間ランプ交換費0円、年間CO2排出量は約290kgになります。

つまりは、年間の電気代・ランプ交換費用で約62,905円お得に。

年間CO2排出量は約1,000kg削減できるということになります。

省エネ生活もこのように数字でみえるととても実感しますね。

この記事を書いたプロ

住まいづくりの相談窓口「hi-s」(ハイズ)/ヤマイチ株式会社 [ホームページ]

廣瀬貴志

富山県富山市野口812 [地図]
TEL:076-436-0235

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
失敗しないビルダー選び相談のプロ、廣瀬貴志(ひろせたかし)さん

ハウスメーカーや工務店選びなど住まいづくりのポイントを第三者の目線でアドバイス(1/3)

 ハイズは、住まいづくりをサポートする相談窓口です。ハウスメーカーや工務店など業者選びのアドバイスをはじめ、家を建てる時のさまざまな相談や要望に対応しています。運営するヤマイチ株式会社の社長、廣瀬貴志さんは「住まいづくりに関する疑問があれば...

廣瀬貴志プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

会社名 : 住まいづくりの相談窓口「hi-s」(ハイズ)/ヤマイチ株式会社
住所 : 富山県富山市野口812 [地図]
TEL : 076-436-0235

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-436-0235

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬貴志(ひろせたかし)

住まいづくりの相談窓口「hi-s」(ハイズ)/ヤマイチ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
2016年9月30日までの請負契約がカギ!!

こんにちは。家づくりをお考えの皆様、2017年4月1日からの増税は家づくり計画をされる上で考慮されていますか?...

[ ニュース ]

『住宅補助金制度』すまい給付金について

 こんにちは。6月に入りました。もうそろそろ北陸も梅雨の季節になってきますね。先日のコラムは省エネ住宅...

[ 補助金政策 ]

省エネ住宅ポイント制度。

 こんにちは。 今日は、省エネ住宅ポイントについてお話させて頂きます。 当社のハイズでは省エネ住宅ポ...

[ 補助金政策 ]

H27年度最新住宅補助金制度。

新築やリフォームをご検討の方へ耳よりなご案内です。住宅を取得あるいは改修される方たちを支援するため国...

[ 家づくり相談 ]

安心して住むということ。
イメージ

こんにちは。今日はリノベーション住宅についてご紹介させて頂きます。皆様、中古住宅を買われるとしたら何を...

[ リノベ―ション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ