コラム

 公開日: 2012-03-03  最終更新日: 2014-06-04

~借りている人が死亡したらローン返済はどうなるの?~




≪万が一の時保険会社がローンの残金を返済≫

住宅ローンは長い年月をかけて返済していく人がほとんどです。
返済期間中に一家の大黒柱が無くなったり、ケガや病気で働けなくなったという可能性もないわけでは有りません。そんな時の為にあるのが団体信用生命保険(通称・団信です)。
団信は、住宅ローンを返済していてる途中で死亡したり、高度障害になった場合に、本人の代わりに生命保険会社が金融機関に対して住宅ローンの残高を支払う保険です。加入していればローンを返済する必要はなくなり、家族は安心してその家に住み続けることができます。

≪ほとんどの人が加入するお得な保険≫

銀行ローンは団信に加入することが借入の条件になっていますが、フラット35を借りる場合は加入は任意です。団信は一般の生命保険に比べて保険料も安く、加入する人の年齢による保険料の差もないお得な保険です。加入が融資条件となる銀行ローンの場合は、保険料は銀行負担が一般的です。フラット35の利用者が入る機構団信は、年に一度、特約料を支払うことになっております。


≪他の保険を見直す時期≫

現在、加入している他の保険の保障額の中に、遺族の居住の為の金額も含まれているなら、是非保険を見直しましょう。

家族の為の保険です。万が一不慮な事態になった時、家族との思い出の住宅を自分の意思に反して手放すことが無いようにキチンと計算をして見直しましょう。
余分な保険料を減らす事ができれば、その分、返済額を短くしたり、繰り上げ返済の資金に充てることもできます。
住宅ローンを借りて団信に入るタイミングは、保険の見直しを行う時期だと私は思います。

ポイントは
団体信用生命保険を前提に、加入している保険を見直してみましょう。余分な保険料を減らすことができれば、返済額を増やして返済を短くすることもできます。

当社の方も、保険の代理店になっています♪

住宅購入の際の火災保険や生命保険は知り尽くしていますのでお気軽に御相談下さいませ!

この記事を書いたプロ

不動産スピード売却! 富山ハウジングエージェント [ホームページ]

不動産コンサルタント 福村英世

富山県富山市赤田910-2 [地図]
TEL:076-481-7070

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
不動産売買のプロ、福村英世(ふくむらひでよ)さん

不動産のスピード売買にこだわり、業界の常識に挑む(1/3)

 富山ハウジングエージェント(富山市赤田)の代表を務める福村英世さんは、顧客目線のサービスに徹する若き不動産コンサルタント。土地建物の売買や仲介依頼へのスピード対応にこだわります。「不動産取引の常識を変える」という目標を掲げ、柔軟な発想と行...

福村英世プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

会社名 : 不動産スピード売却! 富山ハウジングエージェント
住所 : 富山県富山市赤田910-2 [地図]
TEL : 076-481-7070

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-481-7070

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福村英世(ふくむらひでよ)

不動産スピード売却! 富山ハウジングエージェント

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
~素晴らしき不動産投資・第三章~
イメージ

最近強く感じた事、やはり不動産投資はやめられない・・・最高だ・・・でした!さて、マイベストプロ富山のコラ...

~不動産会社へ行こう どんどん行こう~
イメージ

気に行った不動産が見つかったら、まずその不動産会社あるいは住宅販売会社へ説明を聞きに行きましょう。こ...

~嘘つきにもドがすぎる不動産屋に注意!~
イメージ

私は売却活動の依頼を頂いたお客様に必ずお伝えしている事が有ります。それは「嘘つき不動産屋には御注意して下...

~素晴らしき不動産投資・第二章~
イメージ

今回は前回の続きで②の不動産を購入して売却益を得るを私流でお話し致します。不動産を購入して売却すると言うこ...

~素晴らしき不動産投資・第一章~
ラスベガス旅行にて

不動産投資と言っても色々有ります。大きく分けると、①不動産を購入して家賃収入を得る。②不動産を購入して売...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ