>   >   >   >  衛藤義彦

プロTOP:衛藤義彦プロのご紹介

緻密な動線計画から集客テクニックを駆使し、繁盛店を生み出す(1/3)

衛藤義彦 えとうよしひこ

すべて意味のあるデザインで、使いやすく、集客できる店舗を提案

 国道41号線。富山市太郎丸交差点そばに本社を構える株式会社トミソーは、住宅や店舗の設計・施工、リフォームから店舗開業にまつわるグラフィック、サイン、ブランディングまで幅広く手掛ける会社です。衛藤義彦さんは同社の建装課に所属。店舗設計のプロとして、お客様との打ち合わせから設計・デザイン、見積もり、業者の手配、現場のディレクションなど多忙な毎日を送っています。

 衛藤さんは日本工業大学で建築を専攻。卒業後は東京都内にある商空間ディスプレイ業者に入社し、東京ビッグサイトなどで行われる大規模イベントのブース設計に携わりました。それから約3年。これからの働き方や暮らし方を展望し、「地方格差がなくなってきた今、富山でも自分らしい仕事ができるのではないか?」と思い、Uターン。2011年8月、トミソーに入社し、飲食店やヘアサロン、アパレル、エステサロンなど多様な店舗設計に携わっています。

 「東京ではイベントブースのデザインをしていましたが、仕事をするうち店舗デザインに惹かれるようになりました。イベントブースは目立つこと、入りやすいことが全てですが、店舗デザインは立地や予算、動線など必要条件が多く、デザイン一つひとつに意味が求められる。そんなお客様本位の仕事がしたいと思い、当社に入社しました」。

 店舗設計をする上で、衛藤さんが大事にしているのが、店舗オーナーとの“感覚の擦り合わせ”。色やデザインの嗜好だけでなく、空間の動きやすさやメンテナンスのしやすさについても、打ち合わせを繰り返して合意点を見つけ出します。改善点や変更すべき点が見つかった場合は、プロの視点から指摘。納得してもらえるまで説明します。

「設計士はオーナーの夢を叶えるための指南役。“たくさんの人に愛される店をつくりたい”というオーナーの夢に応えたい。だからたくさんの夢を語ってもらい、ああでもない、こうでもない、そこは違う、それはいいねと意見交換しながら対話の濃度を高め、焦点を合わせていく時間を大切にしています」と衛藤さん。

<次ページへ続く>

【次ページ】 オーナーの向こうにいるエンドユーザー(来店者)の視線を重視

衛藤義彦プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

緻密な動線計画から集客テクニックを駆使し、繁盛店を生み出す

会社名 : 株式会社 トミソー
住所 : 富山県富山市太郎丸西町2丁目4-9 [地図]
TEL : 076-491-1333

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

076-491-1333

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

衛藤義彦(えとうよしひこ)

株式会社 トミソー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ