コラム

 公開日: 2016-03-11 

住宅購入の適齢期 -住宅ローンとともに考える-

住宅の購入を考える際の大きなポイントのひとつが「何歳で家を建てるか」
という問題ではないでしょうか。
住宅ローンの返済計画はもちろん仕事上のキャリア形成や出産・子育てといった
ライフプランにも大きく影響をすることだけに十分慎重に検討したいところです。
今回はライフプランからみた住宅購入年齢の考え方を取り上げます。


●最多の購入時期は30~40代、ただし適齢期は千差万別
現在の住宅購入の中心は30~40代ですが、これは年齢に限らない
ライフプラン上の要因が考えられます。
ひとつめは仕事面でのキャリアが固まりつつある人が多いこと。
ふたつめは結婚や出産を迎える世代が多いこと。
ローンの返済計画や家庭の将来図が描きやすい時期を迎える人が平均して多い
年代ということになります。
住宅購入とローンの計画は年齢にかかわらず慎重な検討が必要ですが、
より若い年齢での購入や40代以降での購入が合理的な選択となる場合もあります。
購入時期に応じて長短があるため、仕事と家庭の両面からタイミングを考えるのが良いでしょう。

20~30代前半での購入では、ローン完済を早めに設定し老後の負担を軽減したり、
または期間を長めに設定して毎月の返済額を軽減するなど、
返済計画を柔軟に検討することができます。
この年代では転勤・転職や結婚・出産など将来計画に不確定要素が残る場合も多く、
現実的な将来図を十分に見定めているか振り返ることが大切です。
 一方、子育て期間中は賃貸住宅などで暮らしながら資金を貯め、
子供達が独立してから住宅を購入するケースもあります。
仕事や家庭の忙しさが一段落し、
夫婦水入らずで好みの立地やスタイルにこだわった家づくりを楽しむのも魅力的ですね。
この場合は、賃貸住宅に住む期間の家賃負担がかかる
こと、ローン返済が老後の負担にならないことを留意しておきましょう。
 仕事と家庭の環境は千差万別であり、
購入適齢期は一概には言えないということになります。
家計に過度な負担をかけず将来を描く素敵なきっかけとなるよう、
我が家に合った時期を話し合ってはどうでしょうか。


●購入時期に関わらず、確かな資産価値のある家づくりを
 
住宅の購入年齢に関わらず重視したいのは、
末永く安心して暮らせて十分な資産価値が保たれる住まいであること。
家が長持ちすることは老後の暮らしの安心や住み替えを検討する場合にも必須条件です。
とりわけ基礎や構造部分と住宅性能は精度の高い確かな施工が重要。
「FPの家」は性能劣化がほとんどなく全国各地の工務店が研究を重ねて
家づくりに取り組んでいるため、自負を持っておすすめできるのです。

山下ホームの家づくり-安全で長持ちする家-

この記事を書いたプロ

株式会社山下ホーム [ホームページ]

一級建築士 山下輝雄

富山県魚津市江口567-1 [地図]
TEL:0765-24-9116

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
山下輝雄 やましたてるお

家族の健康と幸せを守る家づくりに真摯に取り組む(1/3)

 玄関に入った瞬間に感じる澄んだ空気。木のすがすがしい香りと風が通る心地よい空間。無垢の床に寝転ぶ子どもたちの笑顔……。山下ホームの代表取締役であり、一級建築士の資格も持つ山下輝雄さんが一番に考えていることは、大切な家族の健康を守る家づくり...

山下輝雄プロに相談してみよう!

北日本新聞社 マイベストプロ

技術職人として、健康的な住環境、無添加住宅を創造します

会社名 : 株式会社山下ホーム
住所 : 富山県魚津市江口567-1 [地図]
TEL : 0765-24-9116

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0765-24-9116

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下輝雄(やましたてるお)

株式会社山下ホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

家族をやさしく迎えてくれる家

Q1. FP工法(暑さ・寒さ)についてお聞かせください。 夏は...

U
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
住まいの建て替え-段取りや費用のポイントは?-

住まいの建て替えにはご家庭によってさまざまなケースがあり、仮住まいの手配や費用の準備などで更地の場合とは異...

[ 家づくり ]

1.5世帯住宅の可能性

多世帯住宅というと思い浮かべるのが、親子・孫が一つ屋根の下に同居する2世帯住宅ですが、家族構成が多様化する...

[ 家づくり ]

どう決めますか?住まいの色とデザイン

色合いや素材の種類、落ち着いた雰囲気や高級感のある佇まいなど、幅広い趣向やデザインの可能性が広がるのが注文...

[ 家づくり ]

台風・水害に強い家づくり

大型台風の接近による突風や豪雨による土砂災害など、近年は全国的に風水害のニュースが目立つようになってきまし...

[ 家づくり ]

家族にやさしい自然素材を取り入れた住宅

柔らかく自然な風合いが魅力の自然素材。家づくりの検討にあたってご興味のある方も多いのではないでしょうか。素...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ